シンプルライフ

あらゆる欲望をそぎ始めると、黙っていてもシンプルな生き方になる。

シンプルとは、非常に単純ということ。

起きて、仕事して、食べて、寝る。

起きる時間も自由。

仕事する時間も自由。

好きなものを食べて。

よく眠る。

身体は月齢に反応するようにできているし、昔からある暦にもリズムが合う。

新暦より、旧暦。

人は新月近くに生まれ、満月近くで他界する。

しなければならない・・・という理由を少しだけ変えて、したい・・・を・・・しように変えて、一日を精一杯生きて、しっかり寝る。

それができないときは、何かの理由があるとき。

その理由が自分にとってどうあるか。

有益なことなのか、利他的なことなのか、利己的なことなのか。

善悪を考えない。

出来事すべてに意味があるので、その時わかればいいのだが、わからなくても、後に意味は分かってくる。

あらゆる感情も、心の奥から湧いてくるものか、状況に反応していることなのかを見分けるだけ。

良し悪しの判断をしないこと。

今できないことは考えない。

今できないことは、今考えてもどうせできないこと。

だったら、考えずにリラックスする時間にしてしまう。

心配しない。

心配すれば、それが引き寄せられる。

心配事のほとんどが、生きるか死ぬかに直結しない。

自分のものは何もない。

働いて買ったものだとしても、自分として大事にするだけ。

友人から頂いたものも、自分として大事にするだけ。

手放すときは、感謝して。

いつまでも執着しなくて済む。

表現を精一杯する。

会話も思っていることを自分の言葉で話す。

余計なことは考えず、ただ素直な言葉で。

それが自分の真実。

シンプルに生きることは、「今」に生きること。