カラーセラピー

和み彩香カラーセラピー

「もっと日本人の感覚に寄り添えるカラーボトルセラピーを」と、創意工夫され、生まれたのが『和み彩香カラーセラピー』です。

日本の伝統色をもとに色づけられた12本のボトルを使い、カラーボトルセラピーを行ないます。

色に表れた自分を、カウンセリングを通して見つめていきましょう。


北海道豊頃町「とかるね」イベントにて

過去の自分を振り返り、今の自分を見つめ、未来の自分を創造する。

自分を想う時間をゆっくり過ごせると思います。

 

太陽の光が分散して創り出された色は、光の中で生活している私たちと密接です。

古くから人は、色が与える力を信じ、装飾はもちろん、医療にまで色を用いり、その力を取り入れようとしてきました。

色彩が人間に与える影響。

色が人間の心に与える影響。

赤色を目にすると興奮状態になったり、青色を目にすると沈静状態になったりというのも色が人に与える影響のひとつです。

そういった色彩心理をもとに、心身の健康に役立てる目的で生まれたのがカラーセラピー。

色彩療法とも言いますが、医療行為とは異なります。

カラーボトルセラピーは、カラーセラピーの手法のひとつです。

カラーボトルに表れた心身の状態に気づき、よりよい状態に向かうため、セラピストとのカウンセリングを必要とするセラピーです。

 

 

3本セラピー

カラーボトル3本を使って、セラピーを行ないます。過去の経験を経て、今の自分に起こっていること。今の経験を糧に、どんな未来を自分は創造しようとしているのか。カウンセリングを通しながら、自分を見つめていきます。

45分 5,000円

 

 

6本セラピー

 

カラーボトル6本を使って、セラピーを行ないます。過去の経験に隠されていた意味、その意図から今の自分に起きていること。今の経験で得ようとしている智慧、それを活かす未来の姿。深層をみつめながら、これからを見据えていきます。

90分 8,000円

 

 

セラピスト 大屋 光

2012年8月 和み彩香カラーセラピスト資格取得

2014年6月 ワンセルフカードセラピスト資格取得