想像力を働かせる

想像力を働かせる

何をするにも、想像しませんか?

そして、過去に想像したことが、今の現実になってません?

今の想像が未来への橋渡しになっていると思いません?

想像力は、人の持つ最高の能力とも言えます。

音楽、芸術に限らず、いろんな場面で想像力は発揮できます。

想像力が豊かな人は、自由で楽しいことが好きな人。

そして、想像したことを表現しようとする欲求に対して従順な人。

子供は、無邪気にいろんな想像をしては、日々の遊びに取り入れたり、チャレンジしたりして、生きることを楽しんでますよね。

知識を手にしたら、最大限に楽しもうとたり、役立てようとしていますか?

「あ・・・これ、何かの役に立つなぁ」

「こんなふうに・・・して楽しもう」

すぐ行動に移せてますか?

トラブルが起きた時、どんな想像をしますか?

最悪の場面を思い浮かべたら、最悪の場面が現実化されます。

そのまま放置しておけば、少し先の未来は最悪の場面になっていることでしょう。

途中で書き換えれば、書き換えた未来になっていることでしょう。

はじめに想像したことを一心に思い続けることが、顕現化につながる近道です。

もしかしたら、数秒後かもしれないし、数十年後かもしれない。

子供のころに夢見ていた憧れの姿。

大人になって、それを実現している人は、諦めず努力をし続けてきた人。

こうなる嬉しいなぁ・・・が思わぬ導き合わせですぐな叶うことだってあります。

これには、いろんな秘密が隠されているのですが・・・それはまた別の機会に。

今を変えるなら、過去の自分を振り返ること。

トラウマ、記憶違い、封印・・・など、人はいろんな方法を使って、忌まわしい過去や見たくない事実を改ざんしたり、隠したりすることができます。

しかし、いくら隠しても、いくら封印しても、心の中。

心の中の隅っこに追いやるだけなのです。

無意識の中では、ずーっとその時のままでいるのです。

その事実をしっかり受け止められなかった子供時分まで戻って、「今」しっかり受け止めし直してあげればいい。

その記憶の障害で、リピートしてきた経験を塗り替えることができる。

このことを上手に表現している映画があります。

39歳のラス・デューリッツはセレブリティ相手の辣腕イメージ・コンサルタント。ある日、赤いプロペラ機が頭上すれすれをかすめて行ったのが異変の始まりだった。

その夜、ラスの家に男の子が侵入、なんとその子は32年前のラス自身=ラスティだった!

「40歳になるのに、結婚してなくて、パイロットでもなくて、犬も飼ってないなんて最低!」ラスティがやってきた本当の目的とは? こうして、ふたりの冒険が始まった…。

想像は、身の回りの空間から宇宙にまでエネルギーとして伝えられ、そのエネルギーに呼応するエネルギー体が寄り集まって、この世界に投影してくれる。

 

思い続けることは、叶う!! というのは、こういう仕組みなんです。

あなた自身の想像力は、あなたの世界を映し出す、大切なパワー。

せっかく生きているのですから、素晴らしい想像の舞台上で何を演じましょう??