A HUMAN BEING INNOVATION

土地や家屋のお祓いのこと

日本は古来から、神々を自然すべて(八百万)と捉えてきた文化的背景があります。 新しい地に建物(シンボリックなものから住居に至るまで)を建てるとき、お祓いをしてきました。 今の地鎮祭などは、その名残ですね。 お祓いは、神々や存在していたものたちに許諾を求めるために行われるものです。   自然の中に人の都合で建物を建てるのだから、その地にいた動物・植物・鉱物に礼を尽くす。 「住まわせていただ […]

感情のこと①

自分の感情を分かっているだろうか。 感覚的には分かっていても、それを表現するのにモヤモヤする時ってあると思う。 感情は「魂の言語」と神は語った。   そこで、 自分の感情がどのように働いて、どう自分に反映されているのかを知ろう。 人の基本的感情 感情を表す熟語では「喜」「怒」「哀」「楽」はもうお馴染みですね。 心理学的見地からは「喜び」「嫌悪」「驚き」「悲しみ」「怒り」「恐れ」の6つが基 […]

スポンサーリンク

子宮筋腫8時間の戦い!! ~ヒーリング~

Eさん23歳女性の話。 当時彼女は妻の職場の後輩で、霊媒体質であることもあって、うちに来ていた。 ある日彼女は、下腹部の痛みと腫れが気になって産婦人科に行き、かなり大きめの子宮筋腫が出来ていると診断された。 いくつかの薬を処方されたようだった。 彼女の感覚と医師の感覚のズレがあって、相談してきた。 早速、患部に手を当てて観るのだが・・・。     私の触った感覚では、相当硬く、 […]

ヒーリングについて

ヒーリングは今では一般的な言葉として使われていますが、ヒーリングの中身まで知っている方はまだまだ少ないようです。 ヒーリングってなに? ヒーリングとは、「癒すこと」と翻訳されます。 〇疲れをとるのに温泉に浸かって「癒された~」 〇神社でお参りし、心が晴れて「癒された~」 〇海で泳いで、自然エネルギーをふんだんに感じて「癒された~」 〇友達に愚痴を聞いてもらって「癒された~」 〇子供の寝顔を見て「癒 […]

伝えるに悩んだときのメッセージ

どう話しても、説明しても伝わらない・・・ とことん悩んでいたら、メッセージが降りてきた。 伝えるのは、一方的ではダメだ。まずは、自分の位置と相手の位置を知れ・・・云々。。。 山に例えられた 〇ふもとから登山しようとするもの。 〇登山すら考えずに、山を見上げているもの。 〇山の存在すら知らないもの。 〇登山し始めたもの。 〇途中まで登っているもの。 〇諦めて下山するもの。 〇頂上までたどり着いたもの […]

10時間耐久の試練『愚痴も積もれば山となる』~広島編パート2

広島の霊能者の女性は、幼少期から気持ち悪い女の子として扱われていた。 母親のへそくりを霊視で見つけたり、近所の人の亡くなる日を当ててしまったり、大事にされるどころか、疎ましく思われることが多かったようだ。 幼少期は、判断も出来ず、それが当たり前のことなのに・・・と辛いことも多かった。 大人になっても、その能力が消えることはなく、一人悩む日も少なくない。 ある日、命を断とうと飛び降りようとするが、首 […]

無理難題と山の神~広島編パート1

一人、修行を繰り返している日々のある日のこと。 広島の霊能者さんから突然の電話があった。 この方は、最初にインドに行った時の同行者だ。 それから、なんやかんやお付き合いさせて頂いていた。 自分からしたら大先輩だし、当時54歳だし、おいらは31歳だし。 それはそれは霊能力もすばらしいものがあるし、まさかの電話だったわけ。 私は、なぜだかロッキーと呼ばれていて、そのあだ名をつけたのもこの女性。 「おい […]

幽体離脱とカラス

ふと、思い出した。カラスになって飛んだ事。 15年以上前に修行していた頃の話です。 昼間、マントラを唱え、瞑想していた時のこと。 ベランダで大事に育てていたイチゴを食い荒らしたカラスがいた。 このカラス、真っ赤になって熟した一番おいしいところを狙ってやがった。 そいつを強くイメージしていたら、肉体から完全に意識が離れ、 カラスになっていた。 カラスは、必死に食いものを探し、上から常に地上を意識して […]

脅迫者と被害者

カウンセリング例 Aさんが、職場の上司Bさんとの人間関係がうまくいかないとカウンセリングにいらしたケースです。 話を伺うと、、、 これまでAさんがやってきた仕事の進め方が、Bさんには気に食わないようで、お叱りを受けることが毎日のように続いている。 これまで、そのやり方で培ってきた自信もなくなり、毎日の仕事が苦痛になりつつある。それが日に日にエスカレートして、今では職場に行きたくないと思うほど精神的 […]

順応と従順

スピリットの世界に生きて、いろんな人と出会った。 とくにインドに訪れたときに感じた事。 それは、 「順応」と「従順」に人は好き好んで分かれていること。 何が正しいとか間違いとかいう話ではありません。 人の在り方について、感じた事です。   聖者と呼ばれる人と会いました。 私が感じたのは、聖者と自分に人間的な違いはない・・・ということ。 そりゃすんげー人ですよ。聖者って人の生き方は、すごす […]

1 5