すべては一時的

神との対話の中に「すべてのことは一時的なものである」とあった。

現実だけが見えている世界だとしたら、それは考えられないこと。

以前、窮地に落ちたことがあった。

時間を経てみたら、確かに一時的なものだあった。

今も蕁麻疹に悩まされているが、きっとこれも一時的なこと。

先に苦しいを味わっておけば、後は楽が待っているものだ。

この蕁麻疹には、私の前世と先祖の越えねばならない大事なカルマが隠れている。

そのヒントとは、

魂の働き

魂の始まりと終わり

魂が相対性の中に在る理由

魂の目覚め

魂の糧

魂の源

11月の終わり位から、今までは冬場に現れる寒冷性の蕁麻疹はよく出ていたが、今回は違う。

確かに、内臓の疲れは溜まっていた。

胃腸の働きを整えるようジャガイモの黒焼きを飲んだり、玄米酵母液を飲み始めたり、多めの水を飲むようにしたり・・・。

体調は、疲れやすく、気血が足りない印象なので、妻の漢方をお茶にして飲んだりと、十分に氣をつけていたのだか、治らないばかりか、酷くなるし・・・。

改めてメッセージを取り直したら、かなり深いところのトラウマとな。。。

それで年末年始は内観ですよ。

ずーっと、いつでもどこでも、解決の糸口が見えるまで。

外側からの盛り込みなどのエネルギーを出来るだけ排除し、外に出るときも、結界を張り、内観するためのエネルギーフィールドにしていたわけです。

余りにも出てこないので、夢にヒントを残せと主護たちに言い、やっと見た夢が大きなヒントとなったわけです。

4/4に社会的な事をはじめ、グループの在り方のワークをし直すメッセージとか、まー色々頂いたわけです。

今日になって、自分の中がある程度整理できたので家人たちに報告したわけですよ。

蕁麻疹は、落ち着きました。

1日限りのお酒も飲んで、めぐりが良くなったのが、ほぼ消えました。後は残ってますが・・・。

さて、明日の朝、どうなっていることでしょうかね。

余談が多くなってしまいましたが、

お金に苦しむ。

人間関係に苦しむ。

病やケガに苦しむ。

全て経験してきたが、確かに一時的なことであった。

今、厳しく苦しい状態にあったとしても、必ず道は開けると信じていいと思う。

それも、人生にとっては、一時的なものだから。

ただ、それなりの努力は必要かな・・・。

ちなみに、もう気づきだろうか。

日めくりカレンダーを入れてみました。

その日の花と花言葉(多数あるようですが)そして、神との対話365日の言葉を添えてあります。

日々の参考にしてもらえればうれしいです。

人間が歓びと感じる4つのこと

①人に愛されること

自分は、今まで愛されて生きてきたかな?

そんな自問自答に、思い出は応えてくれる。

両親がいて、家族がいて、学友がいて、ペットがいて・・・

明るく楽しくばかりではなかったけど、確実に愛されてきたなぁと思った。

 

②人に褒められること

褒められた記憶は少ない。

やんちゃ坊主で、やりたいようにやってきたし。

割に厳しい言動が浴びせられていたようにも感じる。

そんな中、そっと褒められることがすごく気持ちを高揚させたのは覚えている。


③人の役に立つこと

自分がしたくて一生懸命やってきたことが、人の役に立っていた。

あえて、誰かのためとか、社会のためとか定義づけた記憶はない。

ある時、突然の「ありがとう」に驚いたくらいだ。

自分のためにしていたことが、人の役に立っていたんだなと。


④人に必要とされること

今の仕事で、これは多くなった。

使命感とか、責任感とかそういうプレッシャーもあるけれども、カウンセリング後に笑顔で帰られる歓びは、何にも代えがたい。

時に、必要とされるが行き過ぎて甘えや依存になると重くなるが・・・。

それでも、必要とされるのは間違いなく歓びだと思う。

 

この4つの言葉を思い返すことが多くなったな。

自分を愛するには、実感と希望が必要だとも思う。

人は嫌悪する記憶はとどめるが、感謝されたことは忘れる。

また、他者に対して、この4つが出来ていたかなとも考える。

①人を愛すること

②人を褒めること

③人に頼ること

④人に任せること

他者から自分だけではなく、自分から他者へ向けることがあって、バランスがいいと思う。人間関係の調和とは、このバランスの事を言うのかもしれませんね。

日比谷花壇‗お正月ギフト特集‗年賀‗フラワーギフト

実家の座敷童

妻の実家には、とても可愛い座敷童がいる。

十数年前から実家を守ってくれている。

今回の帰省でも、姿を見せてくれ、布団で語ったりしたんだ。

家の中だけでは不憫だと思い、庭に結界を張ってあげたら、お友達が増えたと喜んでくれた。

数か月前に、義父が拾ってきた白い犬の置物。

この中に、何かいる・・・。

前回の帰省時にも気づいてはいたが、あまり気に留めなかった。

今回、霊視してみたら、その犬の中にいたものは、、、犬(笑)

妻の幼少期に飼っていた白い犬。

名前は明かせないが、とてもお利口な犬だったそうだ。

その犬が、犬の霊界の許可を得て、地上で役に立つよう修行しにきたのだが・・・。

こういう場合、誰かに気づいて貰わないと動けないらしい。

座敷童にこの犬のことを説明して、友達になれるか聞いたら、「いいよ」って言ってくれた。

名前を呼んだら、勢いよく出てきた。

早速、座敷童と遊びまわっていた。

犬のお腹で寝たり、背中に乗って走ったり、いつも一緒にいてくれる存在。

座敷童も犬も、とても嬉しそう。

そんな姿を見ていると、こっちも嬉しくなる。

朝起きて、背中に乗ってはしゃぐ座敷童の姿。

また、明るく楽しい気が巡る。

義父も義母も、いつまでも元気でいてほしい。

座敷童と白い犬には、すげー感謝だ。

 

毎日楽しいよ。

お犬さん来てくれた。

嬉しいよ。

おじさん、

ありがとね。。。

そんな声が聞こえた。

そういえば、来年は戌年。

良い年になりますように。