お年玉

面白かった、今日一日。

朝起きて、すぐに義父からの電話。

義父の従姉妹にあたる叔母が正月から連絡が取れないから、見に行ってくれと。。。

すぐに叔母の様子を見たけど、すこぶる元気で忙しくしている様子・・・。

まーそんなこと義父に言っても、信じやしないので、取り敢えず挨拶がてら行ってみることにした。

家人たちを叩き起こして、いざ出発。

三が日の三日目は、まだまだ空いてる東京都内。

昼前に出発したのだが、小一時間ほどで着いた。

途中、焦りながら電話をしてくる義母。

叔母の姪っ子にも連絡がついて、東京に向かっていると・・・。

なんか大事になってきた。

さてさて、玄関につきまして、ピンポーン。

「はい・・・」

当然居ますし、元気ですよねぇ。

叔母も大事になったと笑っていた。

叔母は上がってけとは言うが、姪っ子の事を伝えて、あがらずに玄関先での新年のご挨拶。

妻と玄関先で、少し話し込んでると思ったら、お年玉をもらっていた(笑)

40を超えても、叔母からしたらまだまだ子供なんだろうね。

遠慮なく頂いてきました(大笑)

帰りの車で家人たちと、今日の出来事について話しながら、遠回りしたお年玉だなぁと笑った。

後で聞いた話だけど、叔母と姪っ子、数年前に揉めてから会ってないらしく、本当に久しぶりの再会を果たしたそうで。。。

叔母も90を目前にしているし、いつあの世に逝かれるかわからんし。

姪っ子にとっても、仲直り出来てよかったなぁと思う。

ま、我々は、そのおこぼれに与ったわけだ(笑)

日常には、不思議な働きがたくさんある。

我々は、いちいち検証する癖がついているから、流れが良く見えるし、人の思いとか神様の働きとか、いろんな意味が隠れているのがわかる。

仕事柄っていうか、そういうのって大事だなと思うのです。

怒らなくていいところで意地張ったり。

弱音吐かなくていいところで、落ち込んだり。

大好きなのに、大嫌いって言ったり。

いろんな経験を通じて、人は成長するとは思いつつも、自分が出来てないとと思ってしまうわけだ。

ま、出来てないところもたーーくさんあるが、それもいいだろう。

些細なことで後悔するよりも、些細な事に感謝して生きたいと思うわけです。

偶然のようなお年玉。

必然の影があるんだよね。

さて、何に使おうかね。



出会いの意味

生きている中で、様々な出会いがあります。

人のあふれるこの世界で、自分が出会える人は、ほんの一握りです。

では、なぜその人と出会ったのでしょう。

きっと何らかの意味があるはずです。

親、兄弟姉妹、親族、友人、同僚、先輩、後輩、ご近所さんなどの

目に見えた関係の中に、あなたが求める見えない何かを意味しているのです。

出会いに隠れた意味

①因縁の解消・・・先祖がしたことをやり直すため

②カルマの清算・・・過去生に自分のしたことをやり直すため

③新しいワーク(未来)への協力・・・次のステージへと結びつけるため

④共に同じ目的を果たそうとする同志・・・魂の目的が一致しているため

⑤未知への導師・・・経験したことのないステージへと向かうため

⑥変化のきっかけ・・・今までと違う自分を見つけるため

⑦反面教師・・・自分らしさを見つけるため

などの縁かもしれません。

縁とは

出会いの全ては縁で結ばれています。

お互いの目的(清算、解消、協力、導きなど)に応じて、必然的に出会います。

先祖因縁・・・先祖同士が結んだ縁。婚姻、職業、身分、敵対、同志など。

魂の縁・・・・前世において、自分が結んだ縁。生まれ変わったら結婚しよう。などといった約束。

主護神の縁・・お互いの魂の成長に必要なところを学びあうための縁。

主護霊の縁・・お互いの人としての在り方の成長に必要なところを学びあう縁。

土地の縁・・・その土地に関わる出来事や祀事を成す縁。

信仰神の縁・・生きていくに当たっての道しるべ(理想像)を共有しようとする縁。

など

これらの縁を理解して、清算・解消または継続し、今の自分が新たに縁を結びます。

出会いの意味は、その縁の中にある内面の問題を見つめ、自分自身の在り方を見出すことにあるのです。

解消・解決・清算しないとどうなる?

自分の都合に合わずに、一度結んだ縁を強引に切ったところで、また同じような出会いが設定されます。

それも、より強力な形で。

とくにネガティブ縁は、内面的な問題を強くはらんでいます。

相手の中に自分を見て、自己改善を促している場合がほとんどです。

例えば、恋人を選ぶにしても、いつも同じような人を選んでしまう。

会社を変えても、前と同じような上司に当たる。

友達を変えても、以前と同じようなはめになる。

何度も詐欺にあう。

など。 

どうしてそうなるの~!!!

それらの出来事を相手のせいにしてしまえば、自分は変わらずにいられますが、それでは何の意味もないのです。

何度も尽くして捨てられて・・・

上司の言うとおりにしても、何の評価を得られず・・・

気に入られようと頑張ったのに・・・

今度こそ、本物だと思っていたのに・・・

以前の状態から何も変わっていない・・・。

 

自己の内面で何らかの変化を促しているとしたら、自分のどこをどのように改善すればいいのでしょう。

ZUTTO

これじゃいけない!!

①考え方、思い癖を見つめる

②自分の本音を知る

③個性を知り、生かしてみる

④確固たる意志を持つ

⑤幼少期のトラウマを見つめる

⑥誰かに依存しないで、自分でやってみる

⑦知識を得て、やり方を変えてみる

など

まずは、自分の行動を見つめ直しましょう。

その行動の動機をしっかり見つめて、曖昧な部分に焦点を当てます。

気づくまで、何度も何度も。

気づいたら、勇気を出して、以前と違う行動をしてみる。

その結果どうなったか。

それでもわからない場合は、カウンセリングを受けてみる。

第三者の視点を受け入れて、無意識の中にいる自己の本当を知る意志を持ちましょう。

今までの結果とは、何かが違うはずです。

その結果に良し悪しはありません。

行動に対する結果として、受け入れていきましょう。