変化と気づき

が投稿

変化のサインは突然訪れるものです

​・今までと違う何か不可思議なことが起こる。

・人生に行き詰まりを感じ始める。

・転げるように連続して失敗し、何もかも嫌になっている。

・身の周りにやたらと事件や事故が頻発する。

・性格が変わった。また、変わったと言われる。

・ぼーっとする時間が多くなった。

・大病を患う。

・同じような意味の言葉や数字などが目に付くようになる。

 

・その他

 

このように、偶発的に起こる変化を体感し始めたり、変化にとまどうことが多くなります。

そのまま身を任せていればいいのですが、大体はもがきます。

そして今までの記憶にしがみ付こうとするのです。

しかし、しがみつけばつくほど、空回りし、余計におかしなことになっていきます。

この場合は、一度立ち止まって、過去を振り返ることが重要で、何がどう起こっているのかを見つめることが大事です。そして、出来事が何を知らせようとしているのかを見つける探求が、霊性への学びなのです。

必要な全ては与えられている

霊性・スピリチュアルという世界観を聞くと、人は「特別な人だけの世界」だと思いがちです。

ですが、よく考えてみてください。

どんな人も持っている「心」は目に見えるものでしょうか?

​心が脳の神経伝達の働きのひとつだとするなら、その脳の働きはどこから来ているのでしょうか?

心臓の働きは?

見えない世界の働きは、常に身近に起きています。

見えない世界は、常に身近に存在しているのです。

霊性・スピリチュアルを特別な人だけの世界だとするなら、だれもが「特別な人」でしょう。

 

図のように、人が生きている中にはたくさんの目に見えるものが存在しています。

そこに隣接するように、目に見えないものもたくさん存在しているのです。

自己を為すのに必要な全ては身近に存在しています。

人は、自己の目的に沿って、それを自由に選択できるのです。

ですから、良いも悪いも、幸せも不幸せも、どう見て、どう感じて、どう捉えて、どう受け取って、どう理解し、どう表現するか の自己の選択で決まります。

その選択で、自己の在り方に大きな差が生まれるのです。

見えるものに限らず、見えないものも意識し、理解すればするほど世界は広がり、選択の幅や、自己への理解も広がります。

自分の周りに存在している見えないもの、自分が無意識にしている選択、本当の自分が求めている方向性を知りましょう。