お稲荷狐に叱られた!!!

母親の実家は秋田にある。

厳密には、養子だったのだが・・・。まぁ、それはさておいて。

母親が亡くなる直前に、秋田に居た祖母が死んだ。

老人のよくかかる肺炎での孤独死。

代々続いた家系もこれで終わり・・・って言う感じで、静かに幕を下ろした感じだった。

その死から数年後、私は秋田を訪れた。

子孫と言い難いけど、縁の在った祖母なので墓参りに行ったのだ。

色々と調べて行くうちに、お祀りしてある稲荷社があることが分かった。

それで、ご挨拶をしに伺ったのが始まり。

秋田から帰り、しばらくたったある日。

妙に体調がすぐれない。

当時、相手にしていた相談者の関わりの在る霊だとばかり思い込んだ。

この相談者の件は、多摩川での護摩焚きで解決したのだが、その後も調子が悪かった。

それで、川石に呪詛をかけ、霊と思っていたモノを呪縛し、川に投げた。

その日から、とんでもなく胃のあたりがむかつき、なんかやばい感じがしたので、知り合いの霊能者によくよく見てもらうと、

「あんた、大変なことしたね。狐さんがすんげー怒ってる!!」

え??

どして???

「狐さんが言うには、川に放り投げられたって」

あっ!!!やった!!

「なんでも秋田から来たって言ってる。霊と間違えるなんて・・・」

まじかぁぁぁぁぁ!!

なんか、とんでもないことをやらかした感、満載状態でパニック。
「とにかくあやまりなさい。」

はい・・・。

私の胃を狐さんが前足で掴んでた。

気持ち悪いわけだ。

床に頭をこすりつけ、ひたすら謝った。

ひたすら。

ほんとひたすら。

水浸しになった狐さんの身体をドライヤーで乾かし(イメージの中で)大好きだと言う、大福も用意し、意識を狐さんに合わせて、ものすごい謝った。

数日して、やっと落ち着いてくださり、狐さんとピントも会うようになった。

祖母の家に1500年も仕えてくれていた狐さんで、祖母があの世で私に託したらしい。

まじで・・・言っといてほしかったわ

  

それからというもの、狐さんの世界を知るためのシゴキが始まった。

階級があって、親分がいて、絶対服従のシステムであること。田畑に限らず、保食にまつわる一切を担当している事。

縁を結んだ家には、没落または、神上がりの祈願がないと縁が切れない事。

代替わりしても、縁は自動更新であること。

貸したモノは、必ず回収すること。

祟ることはない事。

霊界とは別に世界があること。

霊界と人間界に干渉しないこと。

頼まれた時は、行き来出来る事。

家が無くなり、神上がりの祈願もされないと、野狐になって、彷徨ってしまう事。

それらに手助けもできない事。

他にもいろんな事を学んだ。

稲荷の世界は、筋道にすんげーうるさい。

筋違いな事には、手厳しい罰がある。

そういう世界だからこそ、理解がないモノは触らないし、狐に借金があるものは、没落しようが回収される。

食べモノの恨みは恐ろしいっていうが、食べモノを担当している神の使いの世界も知ってないととんでもない目にあう。

この祖母が祀っていた狐さんのおかげで、稲荷の世界をある程度理解できた。

この狐さんは、私の願いを快く引き受けてくれたし、また、狐さんの願いも快く聞いた。

稲荷の祟りの相談の時も、相当役にたった。

今でも、この狐さんには、心から感謝している。

何度も叩かれ、しごかれたけど、それはそれで楽しい時間だったな。

今は、稲荷の世界で別の仕事をしているようだが、またいつか会えるかもな。

ここで学んだ事が、後の教育界への手引きを稲荷狐さんに任せるという大仕事に繋がっていくのだ。

野に散った野狐さんたちに仕事を作る上でも、稲荷本山の狐の親分さんに話を通し、豊受大神を始めとする保食神さまたちにも話を通して、祈願が成就した。

このお陰で、全国どこに行っても、稲荷狐さんからは手厚くされている。

東北震災時の福島原発の放射能漏れで、多くの稲荷さんが消滅した。

そういう強い気に当たると、滅してしまう。

それを助ける祈願も通ったし、多くの狐さんは京都の本山へと帰還した。

稲荷さんとの関わりと絆は、割に深いと思う。

中には、稲荷さんを嫌う人もいるだろうが、浅知恵で嫌ってはならない。

食べモノを生み出す土壌を管理統括しているのは、ほかでもない稲荷さんたちだからだ。

神の使いで、ひたすらに働いてくれているのだ。

感謝が当たり前でおかしくないと思う。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!
広告