自分と向き合う③

自分と向き合う②で見つけた自分の本音や感情的な面が、どのように外側に向けられているかを考察します。

実際にあった過去との対面

人間誰でも困難に出会うと多少なりともパニックになってしまったり、逃げ出そうとか、見てみぬフリをしていたり、自分に都合のよい解釈で済ませていたり、などの行為をしています。

ここでは、自分から見た他人・社会、社会・他人から見た自分を客観的に見つめます。

 

キーワードは8つ

①虚・・・疑心、虚無、虚偽

②力・・・傲慢、偏見、高飛車

③摩・・・優位、傍観

④鈍・・・鈍感、面倒

⑤逃・・・逃避、転嫁

⑥絶・・・自己満足、拒絶、破壊

⑦歪・・・歪曲、否定

⑧守・・・有耶無耶、受身、保身

なぜそのような行為行動をとってしまったのかをよく見つめていきましょう。

過去と同じことを繰り返さぬよう、見つめ、認め、訂正し、宣言します。

相手が人であれば、その人の中に自分が居たことを知るでしょう。

相手が社会であれば、その社会に自分が居たことを知ることでしょう。

漠然としていた自分の思いを出来るだけ具体化していくことが大事なことです。

自分としてどうしていくかを決める

外側に向けた自分を以前と違う形で表現していくわけです。

トラウマなどの原因から繰り返されたループから出するには、以前と違った経験をし直す意志を持たねばなりません。

今までと違う自分は、自分としても違和感があると思います。

勇気をもって、変えていくには、決心することになるのです。

全く新たな経験から生み出された結果を見ることになります。

それこそが、経験の為直し。

経験を手放す

経験を放棄するという意味ではありません。

自分以外の他者の役に立てるという意味です。

自分が変わっていった経緯が糧となり、他者の変わっていく手助けになるのです。

個人的なアドバイスも、ブログで公開するのも、セミナーなどで話すのも、手放すことになります。

同じ悩み、苦しみを持つ人たちの役に立てるようにしていきましょう。

自分と向き合い始めて、自我の制御ほど辛いものはありません。

今までの在り方から、新しい在り方に変化していくわけですから、

全てを受け入れる覚悟を要されます。

その際、今までの基盤で生み出してきたカルマを現実的に経験して、基盤を変えるよう、魂をはじめ主護神、主護霊は働き始めます。

自我の生み出してきたあらゆる自分の側面と向き合い、自分のしてきた事として受け入れるのです。

このプロセスは自己の基盤が魂の方向へ向くまで続きます。