幽体離脱とカラス

ふと、思い出した。カラスになって飛んだ事。

15年以上前に修行していた頃の話です。

昼間、マントラを唱え、瞑想していた時のこと。

ベランダで大事に育てていたイチゴを食い荒らしたカラスがいた。

このカラス、真っ赤になって熟した一番おいしいところを狙ってやがった。

そいつを強くイメージしていたら、肉体から完全に意識が離れ、

カラスになっていた。

カラスは、必死に食いものを探し、上から常に地上を意識している。

今でいう、ドローンで空撮している感じ。

餌かな??と思えば、確認しに行き、ついばんでみる。

警戒心は半端なく、かと思えば集中しすぎて危ない目に合うこともある。

仲間との合図も声色をかえることでコミュニケーションして情報交換している。

15分くらいだったか・・・。

そんなカラスの気持ちとか、生き方とかをカラスになって感じていた。

 

ふと我に帰ると、目の前の電線にカラスがとまっていて、こっちを見ている。

完全に我に返った時、カラスが「カ―」とこっちに合図して、飛び去った。

「イチゴ食ったお礼だ!」って言われた気がした。

憑依されたカラスには迷惑をかけただろうけど、私は貴重な体験をした。

◎確実にカラスになれる事。
◎他の動物も同じことが出来る事。
◎他の人にも同じことが出来る事。

この体験から、幽体離脱は出来るんだという確信と、遠隔でのヒーリングも可能であることを実感した。

 

広告

 

その後のお客さんで、たまに観える方と出会うのだが、ときどき私がリアルな姿で登場して、痛みや苦しさを取ってくれたと報告があったり。

ベッドで寝ていてびっくりした・・・とか。

その時間、私は大体、寝ているか、瞑想中だった。

強く相手を念じれば、同じ事ができるから、まさしく生霊がヒーリングする感じになるのだ。

なんとも人の可能性とは素晴らしいものか。。。

 

逆に、恨み・羨望・嫉妬などのネガティブな念も同じようになってしまう。

大抵は無意識で行っているものだから、自覚はしてないだろうけど・・・。

相手を傷つけることで痛みが生じ、相手を傷つけた分だけ自分に跳ね返ってくる。

相手は自分であって、自分は相手であるからだ。

 

「あなたはわたし」魂のレベルでは、これが約束ごとです。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!
広告