大晦日!!北アルプスの龍からのメッセージ~スピリチュアル

節分の日の昼。

家人のピーちゃんが、ちょっとキレ気味に私に言った。

「〇ダ〇オ(北アルプスの龍)が話があるって言ってるぞ!!」って。

ブログを書くのに集中していたのだが、手を止めて話を伺うことにした。

 

広告

 

北アルプスの龍神との出会い

私の妻の実家のある諏訪地方には、諏訪大社という大きな神社がある。

毎年参拝しているのだが、ある日、孫悟空の輪っかを填められたかのような痛みが走る。

指定された場所(諏訪大社内のある場所)に行くと、頭痛はスーッと消え、話しかけてくるものがいた。

「わしは〇ダ〇オ、もう分かって居ろうが、お主に大切なメッセージを渡す。」

私の場合、龍神さんは、こんな感じで話しかけてきます。

日時指定の場合もあれば、突然やってくる場合もあります。

そんな感じで出会って以来、神界で大きな動きがあるときにはお知らせしてくれるのです。

話が難しすぎて、意味不明な時もありますが・・・。

後になって、このことか・・・と気づくこともあったので、できるだけ理解しようと努めています。

新年を前にざわつく霊界

毎年のことながら、旧暦の12月は、しんどい。

駆け込みの魂たちや、霊界の霊たちがわんさか訪れてくる。

今年は、尋常じゃないくらい大勢が訪れてきた。

魂たちは、成長して、進化できるようになりたい。

霊たちは、子孫のことが心配。

大体はこんな内容なのだ。

それにしても、霊界も大騒ぎしているのには理由があるに違いない。

2019年は何やら大きなイベントが起きそうだ。

天皇の譲位も決まっていることだし・・・。

先にも書いた神の降臨も関わってくる。

関連記事

最近、また新たな展開がありました。トラクターの夢から、種まきを意識して、模索していた矢先のことです。種を蒔いたら、水やりが大事。そんなことを考えていたら降りてきた神が・・・。 [adcode[…]

 

広告

 

北アルプスの龍神からのメッセージ全文

2019年2月3日のメッセージ

世界は、神の力によって大きく変動していく。

寒暖の気候変化も、その一環に過ぎぬ。

やがて、人知を超えたパラダイムシフトによって、内在する世界観も変えられていく。

魔なる支配体系に終わりを告げる時が、2019年に訪れる。

魔は抵抗するであろう。

利己的な動線は断ち切られ、利他的な動線は神によって結ばれる。

その本質に気づく者たちが増えるが、無知なのには変わりはない。

その歪みを緩和するために、先人たちの智慧を使い、指導する者たちも増えるであろうが、そのこと自体が魔の温床とならん。

見極める力を持つ者たちは、さらなる苦境を味わうやもしれん。

担い手たちを支え、活動できる仕組みが必要になる。わかるな。

出た!!

この前日に、江の島の「市杵島姫命」と「五頭龍」がやってきたことを思い出した。

以前、巫女の性質を持つ人たちを集めて、神事を行っていた時に、大変お世話になった神々だ。

市杵島姫命は「久しぶりじゃな。巫女はおらんのか。以前のように共に仕事をしたいものじゃ・・・。」とだけ言って帰られた。

その前日に異常気候のニュースを見たばかりだ。

なにやら本格的な神事になりそうだ。

こういうメッセージが降りてくると、不思議なことに巫女の性質を持つ人たちが集まってくる。

もうすでに会っている人もいると思う。

神は全て準備しているから、恐ろしい。

『担い手たちを支え、活動できる仕組みが必要になる。わかるな。』

この一文に全ての神託が込められているのです。

誰か~お手伝いしてくれ~!!

 

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!
広告