すべては在る

すべては在る

今まで「ない」と思って、諦めたり、羨んだり、妬んだりして

苦しい思いしてきましたか?

それは、自分の本当の姿を知らないからです。

では、本当の自分って何でしょう?

これから、人間の神秘について探っていきましょう。

はじめに意志ありき

すべての存在は、ある一つの存在から生まれました。一なるものの法則、万物の根源

一つの存在は、己を知るために、もう一人の己を生み出しました・・鏡の法則、太極

もう一人には、完全なる自由を与えました・・・自由意志の法則、愛されている原則

たった一つの約束を課しました。それは必ず自分に帰ってくること・・・

一元回帰の法則、指導原理

そして、一つの存在は、姿を消しました。

もう一人の己の自由な旅をわが経験とするために。

やがて、もう一人はあらゆるものを創造していきます・・・創造主 魂の親

さらなる自己を生み出すべく、自分と反対の存在を生み出しました・・・陰陽の法則、造物主 自我の親

そして、世界(宇宙)はどんどん造られていくのです。

宇宙には、どんな働きがあるの?

エネルギーの4つの力

① 電磁気力 (荒・現魂の力)

身の回りの力はほぼ全部、電磁気。

☆あらゆる存在を存在として位置付ける力

② 引力 (幸魂の力)

惑星が規則的な周回軌道を取る力。

地球が地球中心に引き付ける力(重力)

☆存在を引き付ける力

③ 弱い力 (奇魂の力)

物質の性質を変化させる力

☆存在の変化を促す力

④ 強い力 (和魂の力)

物質同士を結び付ける力

☆存在同士を助け合う力

 

つまり

全て、

既に備わっているということ。

既に愛されているということ。

既に、与えられているということ。

既に、自由であるいうこと。

宇宙の理は以下の通り

① 単純……物事がシンプルである。

② 調和……摩擦がなくバランスがいい。

③ 共生(協調)……助けあい、補いあう。

④ 開放……秘密がない。

⑤ 自由……束縛がない。

⑥ 公平……差別がないが区別はある。

⑦ 融合……すべてが、全体のもとに一つになっている。

これらのことは、目に見える見えない拘わらず、どんなものも統一されていることなのです。(統一場)

これらは、魂の働きです。

宇宙創造者の分身としてある魂は、前記の事柄を大前提にしています。

これが自分の本当の姿です。

この本当の姿である自分を知るために、自我があります

自我の原則は次の通り

自我とは、個体保存、生命維持の大原則の下に造られています。

自分を守る事、自分のアイデンティティを保証することを、行動の最優先になります。

人の存在として個別化されたときに、命を維持し、自分を守り、主張し、個性として成立するのを目的としている。

母親から生まれ、成長とともに自己認識をし始めると同時に、自我は目覚めます。

家族から始まり、学校、社会に出て人の中に自分を見つけます。

自分は何者で、何をしようとしているのか。

そんな思いを抱きながら、あらゆる経験を積んでいきます。

少しでも他のために働くと、損をした気分になったり、自分を主張したくなったりするのです。

「受け取ること」には一生懸命ですが、「与えること」には消極的です。

このように、人間の自我だけが、宇宙の中で整合しないもう一つの性質を抱いているのです。

地球の理に準じた働きをしながら、自我は成長していきます。

① 複雑

② 不調和

③ 競争

④ 秘密

⑤ 束縛

⑥ 不公平

⑦ 分離

⑧ デジタル

以上の流れの中、様々な思考、感覚などを養っていきます。

そして、自我の大きなポイントとして、自己を守るという部分と裏腹に、死に対する不安、恐怖を併せ持っています。

また、自分以外の他者をコントロールしたがる性質もあります。

より複雑化した社会において、自己尊厳を満たすためには、他者のエネルギーが必要と考えてしまいがちなのです。

自分にエネルギーを向けさせるためのあらゆるドラマを仕掛けていきます。

コントロールドラマ

これによって、強弱者がきまり、格差へと向かってしまいます。

さて、ここまで解説してきましたが、あなたの目には、自我がとても悪い存在に映っていませんか。

宇宙に整合する自己を知るためには、もう一方の整合しない側面が必要となるのです。

こうして、魂と自我は、相反する性質を持ち合わせつつも、一体なるものとして存在しています。

自己の中で葛藤し、疑念を抱き、不安をもたらす部分です。

また希望をもって、信じ、愛する部分でもあります。

この自我があってこそ、人は成長できるのです。

人は、④つのパーツから成り立っています。

①身体…表現する乗り物

②心……表現する意識

③魂……生命の源

④霊体…その全体の取りまとめ。

霊体は、魂の生命エネルギーにより、身体を整え、生み出された心を受発信します。

すべてがバランスよく、調和している状態が人間の健康であると言えます。

自我の維持があり、魂の命があってこそ、人として生きていける。

人は、様々な葛藤があり、問題を定義し、その答えを体験していきながら、経験を積んで成長していくようにできています。

生きゆく中で、実に様々な出来事が起きていることでしょう。

それらすべて、自己成長のためのプロセスであると言えます。

成長の最高地点は、「一なるものへの回帰」ということになります。

「一なるもの」は、自分以外のあらゆる経験をわが経験として歓喜している…。

 

未来創造は、人間の生きる基本です。

チャレンジすること。

未知なことは、誰しも恐れる。がしかし、

新たな自分創造は、あらゆる可能性を味方にできるのです。

具体的なオーダーには、具体的な結果が返ってきますから、

最高の自分をイメージして、オーダーするだけで叶うシステム。

ただし、時間のズレを信じ待つことができれば・・・。