除霊は根本解決にはならない?!

除霊と浄霊の違い

霊体が憑いていることで不調や違和感など、身体的、精神的な負担はあります。

除霊は、憑いている霊体を一時的に取り除くことを言います。

浄霊は、憑いている霊体を教化、説得、理解させて、浄化し、浄土へと送ること。

 

問題は、その霊体が、どんな理由で憑いたのかを理解せずに、取り除いてしまうこと。

 

類は友を呼ぶ

理由なくして、霊が取り憑くことはありません。

自分の心の問題とリンクしているケースがほとんどなのです。

取り憑く霊たちは、霊自身の抱えている問題を理解して欲しい、または死した理由を共感、共有したいのです。

借金苦で自殺したものは、同じような状況で追い詰められている人を狙います。

事故で突然亡くなった人の霊は、事故を起こして、自分と同じ思いをさせようとします。

病死した人の霊は、同じ病になりそうな人に取り憑き、同じ思いをさせようとします。

中には、無差別に取り憑こうとする世間や人を恨んだ人の霊もいます。

人が生きてきた道が無数にあるように、取り憑かれる理由も同じだけあります。

霊と同じような心の問題が霊を引き寄せてしまうのです。

 

除霊なら自分でもできる

何度も霊に憑かれたことがある人は、それなりに知識と智慧を持っていることでしょう。

そういう人は、心の問題というより、救済を意図した魂を持つ人であることが多いです。

簡単な除霊方法(自己責任でお願いします)

①柏手を叩く

神社で参拝の時にするパンパンです。できるだけ強く、大きな音が出るように叩きます。

何度かパンパンして、音ではじき出すイメージです。

②鈴や音叉で弾く

仏壇にある鈴でも、チーン、カーンと音のする道具で音の波紋が響くもので弾きます。

音叉はヒーリング用のものは市販されています。

③真言やマントラ、お経を唱える

不動明王慈救咒(じくしゅ)・・・「ノウマクサマンダ バザラダン センダマカロシャナ ソワタヤ ウンタラタカンマン」

光明真言・・・「オン アボキャ ベイロシャノウ マカボダラ マニハンドマ ジンバラ ハラバリタヤ ウン」

ガヤトリマントラや般若心経など。

④人形代を使う

陰陽道では、紙で作った人形を依り代にして、憑き物のある場所を人形で撫で祓います。

注意:強力な霊には通用しない場合があります。やるならば自己責任でお願いします。

 

参考ブログ

関連記事

除霊・浄霊を自分でしようと思うなら、心構えを創ることから始めよう。  目次1 ①霊を恐れない2 ②浄化する方法を知る3 ③あの世を意識する4 ④陰徳を積む5 ⑤自分を浄化す[…]

広告

 

霊を引き寄せる自分の中の原因を見つける

除霊は一時しのぎでしかありません。

その時、一瞬楽になったとしても、問題を抱えたままだと同じ事を必ず繰り返します。

このことをきちんと説明せずに、リピーターにしている人もいますからご注意ください。

誰かに除霊を頼んだとしても、どんな霊で、自分と共感する部分がなかったかを聞きましょう。

そして、しっかりと自分と向き合い、自分を変えることです。

 

憑かれやすいタイプ

①どんな人にも優しい人

②他人と共感、共鳴しやすい人

③気弱で臆病な人

④ネガティブ思考が強い人

⑤人の言いなりになってしまう自分の軸がない人

⑥依存癖のある人

⑦心に怨恨を持ち文句ばかり言う人

⑦羨望意識が強く負けず嫌いな人

⑧希望がなく無気力な人

⑨霊媒・HSP体質であることを知らずにいる人

など

性格だからとか、受け入れたくない、変わりたくないとか言い訳はいくらでも作ることはできます。

気づいても変えようと思わなければ、元の木阿弥です。

 

憑依は自分の問題を見つけるチャンス

憑くものが今の自分の都合に合うか合わないかで、幸福感と不幸感があるだけです。

実のところ、憑依を全くされない人はいません。

憑き物は、人の霊だけとも限りません。

自分に対して注意喚起、警告してくれているかもしれません。

自分の都合の方が問題かもしれません。

いろんなことを包括的に見た時、自分がどう見えてくるかが大事なことです。

本当にその自分でいいのか。

そう自分に問いかけてみてください。

憑き物のおかげで、人生が変わった人たちは大勢います。

知らないから怖いのは分かりますが、怖さと向き合って自分を見つけることの方が大事なのです。

自分の視野を広げ、人生を変えるチャンスにするかしないかは、あなた次第です。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!
広告