幸せのバロメーター

幸せ度を測るって、難しいよね。

自分がどれだけ幸せか、誰かがどれだけ幸せか・・・。

幸せかどうか不安だから、幸せか?と自分や他人に聞く。

なぜに、幸せなのに不安を感じるのか。

そもそも、幸せのバロメーターってあるのかな?

 

私は幸せです!!と言ってみて

今、その場所で目をつぶって「私は幸せです!!」と言ってみて、その時に心はどう感じているだろうか。

ちょっとした違和感を感じた。

漠然とした不安がこみ上げた。

ほんのりと温かい膜に包まれる感じがした。

心がほっこりした。

気持ちが軽くなった。

など、いろんな感じ方があるはず。

その時感じたことで不安や恐怖に結びつくキーワードがあれば、それは、あなた自身が幸せを感じられない心のブロックのあらわれ。

しっかりメモしておきましょう。

 

心に巣くろうブロック

幸せは、およそが気持ちの持ちようだと思います。

思い描く理想が幸せなのだ!! という定義で幸せを測っていたら、理想に届かない自分の存在は許せない。

同じように、

あの人のような生き方が幸せだ。

お金持ちは幸せだ。

恋人がいて幸せだ。

○○があって幸せだ。

参考記事

関連記事

〇〇があれば幸せ!!っていう。手に入れる前と、手に入れた後という現実があるだけに過ぎないのだが・・・。ただ人の心理において、一度手に入れてしまうと、失うことを恐れる。貧乏だった人が、お金持ちになって、貧乏になるのを恐れる。テレビやス[…]

 

広告

 

一方を幸せとしたら、もう一方は不幸という方程式が成り立ってしまう考え方は、心にブロックを作ってしまう。

 

自分以外のものに幸せを投影していたら、決して自分は幸せになれない。

幸せであろう姿を実践して、幸せごっこをしているだけなのです。

それも幸せの一つかもしれませんが・・・。

 

誰もが幸せになりたい?

人の本質的な部分で、幸魂があります。

一霊四魂の法則

一つの霊には四つの魂が宿る・・・という考え方です。

幸・和・現・奇という四つの魂が寄り集まって、一つの霊体を作り上げているのです。

※ 一霊四魂については別途記事を書く予定でいます。

誰もが幸せを求めるのは、幸魂の働きによるもので、厳密にいえば、これも幸せなんだ・・・という創造を促しています。

ですから、みんな幸せを求めていろんなことをするわけです。

 

幸せには「枠」がない

凄く苦しくて辛い修練の時が幸せだという人もいれば、南国の海辺でオレンジジュースを飲むことが幸せだという人もいます。

個人の価値観、創造力、生き方、思考、在り方など、幸せには「枠」がありません。

自分自身が満たされている状態が幸せなのか。

何かを掴もうとして努力しているのが幸せなのか。

誰かの幸せそうな姿を見ることが幸せなのか。

他者に注目を浴びているのが幸せなのか。

自分の想像の中で誰かを支配するのが幸せなのか。

人の数だけ幸せの在り方はあるものです。

 

幸せのバロメーターはない

自分の外側には、幸せを測るものはありません。

そうなったらどうなる? という設定があるだけです。

自分が求めた幸せと違ったなら、別の方法を試していくことになるだけです。

それを経験してみて、どう感じたか・・・が大事なのです。

 

広告

 

それよりも、もっと身近の当たり前に目を向けてみましょう。

毎日の暮らしの中で当たり前にしていること。

水道から水が出る。

スイッチひとつで火が起きる、風呂が沸き、涼しくなる。

時間を共にできる仲間がいる。

食べものが並べられているスーパーがある。

今着ている服がある。

雨風しのげる家や部屋がある。

山や川や海という自然がある。

 

実は、幸せは「感謝」の数だけあるのではないかと思うのです。

ほんの些細な出来事に「感謝」できる心のゆとり。

当たり前に存在する人やものに、心から「ありがとう」と言える自分。

 

自分がどれだけ「感謝」できているかが、幸せのバロメーターかもしれませんね。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!
広告