入魂儀式

が投稿

儀式とは書いていますが、簡単に言うと「魂」を呼び覚まし、自覚する意識範囲に留めるようにします。

儀式的なことは、見えない範囲で行い、主護霊、主護神を呼び覚まし、先祖霊からの影響、憑依・憑き物を一時的に外します。

先祖霊は成仏へと促し、霊界でのステップアップをします。

憑き物系は、依頼者の霊体から完全に外し、浄化します。

​前世からの因縁、先祖が残した先祖因縁なども、その時できる範囲で解決できるところまでします。

 

図は、人を取り巻くエネルギー体の超簡単なものです。

奇・幸・和・現は、一霊四魂の法則です。

​これらのエネルギーにはそれぞれに記憶や記録されたものがあり、肉体は影響を現します。

入魂時にヒーラー側がしていることのイメージ図

​霊体を霊視しながら、抱えている様々な問題や、課題などを捉えながら、その原因となる前世関係、先祖関係、現実の人間関係、家族、社会交流などを見ていきます。

​クライアントが抱えるエネルギーの層をこじ開け、一番奥に眠る魂意識に呼びかけ、目覚めを促し、同時に主護霊、主護神と魂意識とのパイプを強化します。

七つのチャクラのバランスを整えて、神意識=魂意識と自我意識とのつなぎます。

 

クライアントは様々なものを感じる人と、全く感じない人といるようです。

​主護霊、主護神に確認をし、魂意識の目覚めが起きるように促します。

​人によって様々ですが、数日から数か月の間があります。

入魂儀式が終わると、全てのものが軽くなり、元気がみなぎってくる感覚があるようです。

中には、号泣される方もいました。

中には、「は?」終わったの??という人もいました。

​しかし、これは魂意識に目覚める始まりの儀式ですから、この後が大事なのです。

​やり残しいてる課題の復習や、新しいことにチャレンジしていく流れや、霊的ビジョンとの向き合い、深層にある問題の掘り起こしと解決などを迎えることにもなります。

入魂儀式一式  300,000円 (半年間サポート付き)

お問い合わせはこちらから。

基本的には、およそ半年間は、サポート体制をとり、質問や無意識レベルの事に対するアドバイス、解決の糸口への導きは致しますが、その後はサポートが外れ、自分の足で歩くことになります。

​そこで、プライベートコンサルティングサービスを設置いたしました。

プライベートコンサル

入魂を終えた方が、日常の体験・経験を元に、より感覚と理解を深めるために設けてあります。日常の体験・経験からくる心理的視野、霊的視野への質問に「答えを出す」のではなく、答えにたどり着くまでのアプローチの仕方、必要な知識の提供を含めアドバイスしていきます。

*詳細は入魂時にお話しします。

1か月 70,000円