なかなか届かない思い~日々のこと

最近多い出来事として、霊界から人間界への伝達が上手くいっていない事がある。

見えない事は、信じない傾向にあるのか??

考えられる原因としては、現実世界の多忙感なのか。

出来事を通じて、数々のメッセージを送ってくる神仏たちの思いは。。。

 

 

久しぶりの帰省と神からのお叱り

先日、我が家のお米が無くなりかけていたので、帰省することにした。

丁度種まきの時期でもあるので重なれば・・・と思ったが、まだ早かったようだ。

畑の雑草を抜いたり、実家の整理などをすることになって、買い出しついでに諏訪大社へ参拝した。

諏訪大社本殿でご挨拶をして、メッセージを頂く場に移った。

そこで待ち受けていたのは、タケミナカタのお叱り

霊媒のピーちゃんに乗りうつったタケミナカタは、私に向かって言った。

『わしの遣いの龍神と、しかと話せ!!』

呆れられた感でのお叱り。

確かに龍神マダ〇オの言葉を受け取っていなかった。

『神界で起きうることを読み取れ。』

こう言われるのは、神界の写しが霊界で、霊界の写しが人間界であるから、神界でのことを読み取れば、霊界、人間界のことを読み取れるし、先に行動を起こせるからなのだ。

毎月1日にマダ〇オと話すことを約束して、諏訪大社を離れた。

プロとしての自覚があっても、これだ・・・。

すげー反省した。

一般的に生きている人ならば、もっと疎いだろう。

なかなか届かない思い

霊的アンテナを張り巡らし、そのメッセージを伝え行く立場にある私自身、神からのお叱りを受ける始末。

天皇退位とともに新しい時代が幕を開けようとしている時期は、神の世界でも大事な時期である。

当然、霊界の方々も忙しく立ち回るし、先日受け取った「ふるい」の問題もある。

現実的に二極化が進む人間界

貧富の差だけではなく、霊性の成長度合いにも差が生じているのか。

人間の意識向上と底上げを目的にして活動してきたけれども、人の歩みは遅いようにも感じる。

大きな流れは、成長へと向かっているのだが、その流れに反する意識も強くなってきているのだろうか。

本気出して行くしかない

帰宅して間もなく、待っていたかのように霊や仏のメッセージラッシュ。

頭痛、息苦しさ、飽和感、集中できない、首肩の痛み、突然の眠気、関節痛・・・

霊障のオンパレードだ。

症状一つ一つで、違う方からのメッセージだから、聞くにしても、まぁ面倒くさい。

それでも、一つずつ解決していかないとずっと続くので、とっととやってしまうしかない。

ブログに書く、LINEなどで連絡する、直接電話する・・・。

全くご縁のない霊たちもいるから、早速浄化して霊界へと上げる。

伝達希望の霊には、その地域で繋がりのある人を介してくるようにと伝える。

そうこうしているうちに、神からのブッコミがあって、あーだこーだと。

寝ているときも、寝言が酷いらしい・・・。

朝はグッタリとしてしまう。

ここまで来ると、言い訳してられないわな。

本気だして行くしかないわ。

 

 

大なり、小なりメッセージは大切

神の世界から人間の世界に干渉はしないという。

干渉はしないけど、影響はもろに出てくる。

ゴールデンウイーク10連休になっているけど、レジャーどころではない気がする。

レジャーのつもりで出かけても、旅先で起こる出来事に注視して欲しいと思う。

縁のある場所を選定しているのは自分自身だろうから、観光気分もいいけれど、自分が何をどう感じているのかを意識して欲しい。

新年号に変わって、自分としてどう在るか。

何も変わらん・・・と思っている人もいると思うけど、必ず何か起きる。

その出来事が指す意味を深く考え、腑に落として欲しい。

この5月。

とても大事な分岐点である気がしてならない。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!