好きな仕事してますか?

今の仕事、自分で選んでますか?

自分が今の仕事についたきっかけを思い出してください。

その後の人生を軽く振り返ってみましょう。

なんとなく就職して、何となく働いて、恋愛またはお見合いで結婚して、家庭を築いて・・・。

目標があって、しっかり自分の道を歩んでいる。

はじめは目標があったけど、途中から流れが変わった。

何となくしていた仕事にやりがいをみつけて、今は充実している。

いろんな人生があると思います。

 

そこで質問

あなたは、誰の人生を生きていますか?

自分の夢をしっかり持てていますか?

それとも、誰かほかの人の夢を生きていますか?

自分の人生の中で、他人に決められた部分はどれくらいあるだろうか。

また、自分でしっかり決めた部分はどれくらいあるだろうか。

 

とくにやりたいことがなかったので、誰かのススメで今の仕事に就いた。

両親の稼業を継ぐことが使命だった。

両親がいなかったから、兄弟のために自分が働くしかなかった。

こういった「役割」だからと、今の仕事に就いていないだろうか。

また、父親だから嫌な仕事でも、家族を養うために仕方ない。

夫として、妻として、兄として、友人として・・・当然のこととして、無理に自分に言い聞かせていないだろうか。

 

広告

 

次の質問

自分は何処にいってしまった?

自分の意見はどうでもいいのでしょうか?

もし、好きでもない仕事に就いているなら、自分に尋ねてほしい。

「もう一度、一から仕事するなら、どんな仕事をしたい?」

 

中には自分が望んで、家族に奉仕したいと願っている人もいるでしょう。

定年後から自分の人生をしっかり計画して歩む人もいる。

大好きなことをしっかり仕事にして、大成功を収めた人もいる。

 

今の自分の中に「これがしたい」がある人はチャンスをものにしましょう。

後回しにせず、すぐに着手できるのですから。

今の自分の中に「これがしたい」がない人は、好きなことは何だろうかと自問自答しましょう。

過去の自分がしたいと思っていたことでもOK

もう過ぎ去ってしまったことではなく、「これがしたかった・・・」ではなく、「今からでもこれをしよう」に変えてみましょう。

 

「~しなくちゃならない」ことは何もない

心を空っぽにして、「しなくちゃならない」としていることを眺めてみましょう。

本当に、そうしなくちゃならないことなのか。

よーーく眺めて見つめてみてください。

およそ、誰かのために~しなくちゃならないと思っているだけでは?

それらは「ステルス・ストレス」になってますよ。

意識してないストレスは、知らず知らずのうちに精神的に蓄積しています。

精神衛生上、それっていいことなの?

好きなことって努力している感覚が薄いですよね。

好きだから、傍から見たら努力かもしれないけど、自分としては努力している感覚ではないはず。

ただ、そうなりたい自分に向かって黙々とやっているだけですよね。

 

年齢とか、性別とか、立場とかではなく、自分の本音をみつけて、好きなことを仕事にする。

苦楽あっても、好きなことには情熱を傾けられます。

諦めないで、好きな仕事をみつけましょう。

 

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!
広告