ネガティブ思考中毒

よくよく考えてみると、ネガティブな思考には、中毒性があるように思う。

自分に注目して欲しいとき、ネガティブな態度や発言が功を奏して、とても役立った感覚になるときがあります。

自分以外の誰かの善意を利用することになっているわけですが・・・。

そうすると、ネガティブ思考は習慣化してしまいます。

スター○ォーズでは、暗黒面のフォースとして描かれています。

 

 

 

ネガティブのパワー

そもそもネガティブとは何かというと、コトバンクには、こう表記されています。

[名]
 電気の陰極。マイナス。
 撮影・現像してできた、明暗や色相が実物と反対のフィルム・乾板の画像。陰画。ネガ。⇔ポジティブ。
[形動]否定的なさま。消極的。「ネガティブな返事」「ネガティブに考える」⇔ポジティブ。

他者の意識を自分に向かせるネガティブ思考

とにかく否定的で消極的な態度は、周囲から一目置かれるようになりますし、何より目立つのです。

例えば、学校で背中に斜線を背負った人が教室の真ん中にいた場合、教室内の空気はどうなるだろうか。

想像してみてほしい。

どんよりとした重く湿った空気感になってはいないだろうか。

ネガティブ思考にも、同じような影響力があり、周囲に対して否定的であったり、消極的であるがゆえに、逆に目立ってしまうものです。

このパワーを利用した、ネガティブ思考と態度で、理解を示してもらえたり、話を聞いてもらえたりする、他者の善意や好意を得ることが目的で、わざわざ演じてしまう人もいる位です。

「オオカミが来たぞー!!」と嘘を叫んで楽しんでいた少年の話がいい例です。

やりたくないことから逃避する方便

やりたくないけど、やらなきゃいけない事があったとき、ネガティブな態度をとって、なんとか回避しようとする人がいます。

家族間、会社や学校でもよくある話です。

身体の調子がわるそうだから、頼まないでおこうとか。

無理強いしないでおこうとか。

頼んでも、言い訳してやってくれないから、もう頼まないとか。

自分が嫌な事、面倒な事から逃れるために、あえてネガティブを利用している人は多く見かけます。

ネガティブのパワーは、人を動かす

ネガティブエネルギーは、相手を諦めさせることが出来るパワーなのです。

何度も繰り返し、このネガティブなパワーが功を奏するようになると、完全に中毒化していきます。

自分が使ってきたネガティブパワーは、他のネガティブパワーを引き寄せて、ネガティブな集合体化してしまうのです。

するとどうなるのか。

人はそもそも習慣する生き物

毎朝のルーティーン、同じ道を通り、同じ時間に食事をとり、同じ出来事を繰り返すことで「安心」を手に入れます。

型にはまった生き方をすることで、あえて無難を選びたがるのです。

この習慣が崩れると、途端に不安になってしまい、どうしていいのか分からなくなったりします。

ネガティブな習慣を続けていると・・・

愚痴や悪口の言い合い、悪い噂に乗っかる、自分のしていることを正当化する、などの行為を繰り返す場に居たがるようになります。

人の不幸は蜜の味・・・自分よりも不幸な人を見つけては、自分のほうがまし・・・と安心を得ているような気分になる。

承認欲求を満たせる・・・自信のない人は、他者からの同意や承認を得ることで満たされる。

〇よく頑張っている

〇魅力的な人

〇特別な存在

そういう人として周りに認められるために、ネガティブパワーを使い続けるのです。

こういった集団、集合体は、一度入ってしまうと抜けられない傾向にあります。

自分がそこから居なくなるだけで、他者に何を言われるかわからないという不安と恐怖があるからです。

ネガティブな思考も、態度も、中毒性がある上に、現実逃避の手助けまでしてくれるのですから、よほど強く意識しないと、この習慣から抜け出すことは出来なくなってしまうのです。

つまり、ネガティブ思考になる理由が自分の中に存在しているのです。

考え方の癖を自覚する

ネガティブ思考になると弱気になり、体調がおかしくなり、不安になります。

ストレスを感じ、怒り、落胆、悔しい、恐れ、不安、うんざりと言った気分になります。

後ろめたさ、恥ずかしい気持ちでいっぱいになります。

孤独を感じ、魅力がない、自信がない、愛されていないと感じます。

この中のいくつかにあてはまる人は、ネガティブ思考に傾いているかもしれません。

ネガティブ思考を改善する心がけとして

〇自分の思考パターンを意識する。

〇自分に正直になって、ネガティブ思考で自分自身を傷つけてしまっていることを自覚しましょう。

〇ネガティブ思考中毒になってしまわないよう習慣を変えましょう。

〇不健全な思考パターンを断つと決意しましょう。

〇他者に認めてもらおうとせずに、自分自身で鼓舞できるよう、気分を高揚させていきましょう。

どんな人もポジティブになれる

今までネガティブであった人がポジティブに変容していくには、まず自分と向き合う覚悟をすることです。

そして、一つ一つ習慣化していることを手放し、辛抱強く自分と向き合っていくことです。

何度も繰り返してきた思考パターンを変えていくには、自覚と強い意志、そして日々の意識づけが大事。

ポジティブ思考で創造する現実は?

〇精神的に強くなり、安定してくる。

〇気分がよく、リラックスできる。

〇勇気が湧き、意欲的になれる。

〇安心、幸せ、愛情にあふれ、愛され、受け入れられていると感じるようになる。

〇自信があり、堂々としていられる。

その第一歩として『自分を褒める』ことをしてみましょう。

人に求めるのではなく、自分で自分をしっかり褒めてあげることをしましょう。

少しずつの歩みで大丈夫です。

自分を少しずつ褒めていくことで「風」を送り、ネガティブエネルギーで凝り固まった心を吹き飛ばしましょう。

変化を受け入れ、自分を愛せるように、必ずなっていきます。

自分自身が『そう決めた』なら!!

 

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!