元旦からダウン!!~日々のこと

目が覚めた瞬間は快調の気がしていたけど・・・。

実際に起きてみると、身体がしんど過ぎる。

唇には、口唇ヘルペスの兆候がでて、頭痛とだるさで、結局ダウン。

メッセージは、霊界が落ち着いたとか、山の天地の氣が塞がっているとか。。。

も・・・盛沢山やん!!

 

 

ダウンしてみた夢

先日公開した龍神からのメッセージの中に、「魔」が登場する。

「魔」とはなんぞや?を考えさせられるような夢をみた。

セミナーやら、講演会やら、いろんな人がいろんな事をしている場面。

その話を鵜呑みにしてしまい、自分の経験や体験を無視してしまう流れが生まれていた。

曲解された体験を信奉し、自分の道とは違う方向を選ぶ人。

その方向へと導いてしまう人。

その姿をちょっと高いところから俯瞰して眺めている私がいる。

隣には、龍神らしき存在がいるのだが、いろんな場面を観させられた感じでした。

つまりは「無知」な人を相手に、正道と違う知識を埋め込んでしまうことを指しているようだ。

そもそも、正道とは何ぞや

スピリットに関する事で言えば、「正道」の捉え方は多様だと思うんだ。

「これが正しい!!」ってのは、言ったもの勝ち的な要素をはらんでしまう。

これが意外に多い気がする。

人それぞれのやり方、導き方はあると思うし、全てが間違っているわけではない。

一生懸命、自分の役目を担おうとしているのは、何も間違いではないと思う。

自分の正道を他人に押し付けることなのか?

他人の正道を見つけてあげることなのか?

私が思うに、個々の魂に沿った導き方があるように思う。

魂の意図こそ、その個人の正道であって、魂の意図に気づかせることが大事だと思うんだ。

 

 

魂にも直・曲がある

魂には直霊として働く流れと、曲霊として働く流れがある。

表面的に出てきたときの表現なんだけどね。

この世は「二元性」によって自分を理解できる仕組みになっているから、どんなことでも「表裏」があるのです。

善悪・上下・左右・・・なんでも二元性になっています。

魂意識に生きようと決めても、「それが正しい」を知るには、「それが間違い」を知らねばならない。

「それが善いこと」も「それが悪いこと」を知らねばならない。

どんなことも、反対側があるから、反対側を知らなければ、本当を知ることが出来ないという仕組み。

魔とはなんぞや

敢えて「魔」と表現してきたのには、理由があるように思う。

魔が差す・・・とかいうじゃないですか。

考えてもいなかった、誤った判断や行動をすることを意味することわざ。

先の魂の働きにも表裏があるように、感情的、感覚的、突発的など、あらゆる場面で素直・直霊で在れる人はそう多くないのかも。

どんな人にも「魔が差す」ことはある

その経験、体験の中で、「やっぱりこうだ」と思った瞬間に、その行動がとれるか否かが大切なのだ。

いつまでも引きずったり、心に悔い(杭)を残したり、恨んでしまったり、自分をいじめたり・・・。

人だから、いろんな経験を積むものです。

目の前に「魔が差した」人を見た時、出会ったとき、迷惑を被ったとき、自分ならどうするか。

そこに「慈しみ」があるのなら、「許す」ことは難しくないでしょう。

ただ、そう簡単にいくわけもないのが現実ですよね。。。

 

「魔」とどう対峙して、どう理解していくか?

元旦の不調のテーマはそんなことのようです。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!