蕁麻疹格闘日記その②~日々のこと

5/6から始めた格闘も早5日が経ちました。

なかなか落ち着かなかった蕁麻疹ちゃんも、だいぶおとなしくなってくれています。

暇を見つけては、マントラを唱え、あわうた、ひふみ祝詞を唱えています。

やっぱり、自分の波動が下がっていたのと、意識範囲が拡大したのを放置していたことも影響したんだろうなぁ。

保存していた「抑肝散」も飲みつづけ、心のザワザワがなくなってきた。

 

 

意識して食すること

身体の波動が下がってくると、不思議な事に身体に悪いとされているものが欲しくなる。

気づけば、ポテトチップスをがん食いしていたり・・・。

そうこうしているうちに、便秘になり、肌が荒れて、顔色がどす黒くなって・・・。

そこに不摂生となれば、病人製造をしているようなものだ。

それじゃいかんねぇ。

気合を入れ直し、食を意識し続けることが大切だと、改めて実感しました。

玄米酵素液を作りました

作り方は簡単です。

玄米と塩と黒糖密と水だけで作れるので、手軽に作れます。

一回におよそ3ℓ作れ、一日200mlを毎日飲みます。

体内毒素を排出してくれますし、腸内環境が改善されます。

何度も作っては、飲んでいます。

一時、すごく流行りましたねぇ、そういえば。

妻が差し出してきた本その②



ここにしっかり「慢性蕁麻疹の治し方」って書いてある。

五臓の肝の働きをよくすることが大切。

身体の中の毒素を処理する作用のある「肝」の働きをよくすることで改善される・・・とある。

肝の働きは「蔵血(ぞうけつ)」と「疏泄(そせつ)」。

血液を貯蔵し、浄化し、解毒を行い、きれいな血液で身体の生理機能を正常化させる感じ。

さらに、精神神経、自律神経系の働きを支えているということを忘れてはならない。

ここでは超簡単に抜粋しているから、詳しくは本を購入して熟読してほしい。

「普通」に戻れとまで言い切っているこの本もすげーわ。

(・_・D フムフム・・・なるほど。

妻の処方はすげーわ。

医者じゃないけど、知識はかなりのものだ。

改めて自分の意識範囲を捉える

日々のマントラと祝詞の成果が出てきた。

意識がクリアになり、閃きのピントもバッチリだ。

ちょっとばかり主護霊にはあきれ顔されたけど、まぁ・・・ご愛敬ってことで。

元号が令和になって、人の意識改革もどんどん進んでいる。

と、ここで主護霊から強烈なメッセージがくるんだけど・・・割愛。

今一度、自分の計画を見直して、改善する余地があるらしいので、瞑想しないとな。

1分瞑想で、おおよその事は掴んだので、細かいところは、追々修正していくとしよう。


この本は、本当におススメです。

たった一分間で瞑想する方法がバッチリ書いてあります。

以前から実践していたことが丁寧に書かれていて、とても参考になりました。

 

 

妻の作る薬膳その②

そばサラダ

具材

〇八割そば・・・清熱、解毒、高ぶった気を降下させる、便通をよくする
〇豚肉・・・・・潤い
〇サニーレタス・・・潤い
〇水菜・・・潤い
〇韓国のり・・・健胃効果

合わせ調味料

〇ごま油
〇酢
〇醤油
〇昆布だし

これ・・・抜群に美味し。

腹一杯食べちゃだめなのに・・・そこそこ腹一杯食ってしまった。

消化も良いし、まぁいいか。


スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!