前世と魂の法則

カウンセリング依頼を受けるとき、ほぼ聞かれるのが「前世」の自分。

そもそも、前世とはなんぞや?

魂の転生の仕組みを知っている人は、もうお分かりかもしれない。

 

人の魂は、4つの性質が1つに融合して、1つの霊体を造る。

一霊四魂の法則

霊体は、魂が肉体に宿る時に必要な接着剤のようなもので、受発信の装置みたいな感じ。

霊界、神界、天上界・・・と、次元を表す言葉は沢山あるのですが、その次元間との交信をするのに必要な媒体となります。

4つの性質の魂は、「荒(現)」「和」「幸」「奇」という働きを担っています。

「荒(現)」は、命の働きで、前に進む力である勇気です。

この世で何かを現そうとすることが「荒魂」の働き。

勇猛果敢、行動的で活発な様。この力が暴走すると「争魂」となって、闘争を生みます。

血に飢えたような獣のような様。スポーツの世界では、一番になることが目的ですから闘争心は大事です。

また、自分が何かを為そうとしているのに、誰かに邪魔をされたときも闘争は起こります。

 

「和」は、精神の働きで、人と和していく力である親切です。

この世であらゆるものと融和し、調和していくことが「和魂」の働き。社交的で和合を尊ぶ様。

この力が暴走すると「悪魂」となって、支配を生みます。孤独で他者から疎まれる様。

社会の中で、社交的で、どんな人にも好かれる在り方は、素晴らしいものです。

一方、力で自分の思い通りにしようと相手をコントロールすれば、支配となっていきます。

 

「幸」は、感情の働きで、幸せを求める力である愛情です。

この世であらゆるものに愛情を注ぐことが「幸魂」の働き。愛に満ち溢れる様。

この力が暴走すると「逆魂」となって、憎悪を生みます。

恐れ知らずで、反省心のない様。可愛さ余って憎さ100倍と言います。

一生懸命愛情を注いでも報われない時は、憎悪も注いだ愛情分だけ湧くことを言います。

自分の都合のためなら、他者を傷つけてもかまわない様もこれにあたります。

 

「奇」とは、神の働きで、癒しの力・創造する力の智慧です。

この世で何かを為すときのインスピレーションや感覚的なことが「奇魂」の働き。

知性的で、理性的な様。この力が暴走すると「狂魂」となって、狂気を生みます。

狂気に満ちた様。あの人は狂ってる・・・というとき、常軌から逸脱した様を言います。

傷つき病に倒れた人を癒し救うはずの医師が、狂気に走った様を描いた映画「ハンニバル」に登場するレクター博士がいい例です。

 

広告

 

これらの魂たちの働きは、霊体を通じて、肉体に影響していきます。

前世は、この魂たちが過去の生において経験してきた様を指します。

今の生は、新たに自身を創造すべく生まれてきていて、基本的に「自由意志」を携えています。

ですから、過去の生において、どんな経験をしてきても、今生は自由に生きていいという神との約束があります。

ただ、魂は、再経験(やり直し)を求めます。

例えば、

人と和すことが出来ず、孤独になってしまった経験を、人と和して、皆と楽しく過ごす経験にやり直したい。

もっと他者の役に立てたはずなのに、狂気に走ってしまった経験を、人の役に立つ経験にやり直したい。

臆病に生きてしまって、自分らしさを見つけられなかった経験を、勇猛果敢に自分の道を切り開いていく経験にやり直したい。

愛情の注ぎ方を誤って、大切な人たちを結果的に苦しめてしまった経験を、本当に愛する経験にやり直したい。

など・・・。

過去、生きてきた中での経験を、最高の自分になるためにやり直すことを求めています。

カルマとは、前世の経験を指します。

何をやっても上手くいかない、何が原因でこうなってしまうのか分からない、そういう経験を繰り返してしまう自分。

紐解くカギはカルマにあるかもしれません。

こういう場合は、前世リーディングが有効です。

前世においての経験がどういう状況下にあったか、その当時の選択をどうやり直すのかなどを見極めて、今に反映させるのが前世リーディング。

魂の経験を見極めることで、理解でき、やり直しできるようになります。

前世において、どんな職業だったのか・・・は、あまり重要ではないです。

その経験を通じて、どんな結果になったか、どんな思いを抱えていたかを知ることが重要です。

望まない結果をやり直すには、原因となる部分を見つめ直さねばなりません。

 

広告

 

言ってしまえば、「今」も「前世」も同時にあなたの中にあります。

前世のことを知らなくても、意識の在り方でやり直すことはできます。

ただ、根強い恨みを伴ったり、複雑に絡んでいたり、無念さが強すぎたりなどの場合は、紐解きが必要になります。

紐解きには、ある程度の専門知識が必要になります。

言っておきます。

自分を救うのは自分にしかできません。

私たちスピリチュアルカウンセラーは、お手伝いするだけです。

リーディングしてもらって、自分で何もしなければ、元の木阿弥。

大事なのは、リーディングした後の自分の行いになります。

意識して、自分を変えていこうとしなければ、何も変わらないし、前世の自分のままです。

 

宇宙は、魂たちが経験をする場を完全に与えます。

やり直す意志に対して、完全に応えます。

人殺しをした前世の経験をやり直す場として、殺したくなるほどの人と出会わせるかもしれません。

そこで殺してしまったら、前世のまま。

そこで、許すことができたら、新しい経験をしたことになります。

やりたくないことを続け、支配されていることに甘んじていた経験をやり直そうとした場合、支配的な人と出会わせられます。

傷つけた相手のことを知ろうという意志があれば、傷つけられることを経験することになります。

良い悪いは関係ありません。

ただ、そこに経験し直す意志があるかないかだけ。

一霊四魂の法則は、誰にでも当てはまる基礎的な知識でしかないです。

それをどう生かして、新しい自分になっていこうとするかは、あなた次第です。

 

ただ前世で何をしていたかを知りたいだけなのか。

それを知ってどうするつもりでいるのか。

「今」自分はどう在ろうとしているのか。

 

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!
広告