人には必ず出番がある!!

最近よく見ている「ONE PIECE」というアニメがある。

主人公とその仲間たちが繰り広げる冒険ファンタジーアニメなのだが、この作品はいろんな刺激を与えてくれる。

我が家の座敷童ちゃんが大好きで、夜な夜な一緒に見ているんです(笑)

その一節で飛び込んできた言葉。

「人には必ず出番がある!!」

これには、ビビッと来たんだ。

どんな人にも人生に「3度」は大きく変わる時期がある

そうアドバイスを貰った時のことを思い出した。

苦労の20代後半、独立したときのこと。

その時、ある占い師に出会っているのだが、渋谷センター街の入り口付近だったか。

イスとテーブルを並べて「占」という看板を立てている、よくいる街の占い師。

手相を見て、あれこれ言ってくれる爺さんだった。

その言葉の中で「人生には3度のチャンスがある・・・」という、これが耳から離れなかった。

その後、独立を志したら、いろんなことが引き寄せられて、まるで用意されていたかのような展開が待っていた。

偶然の一致の連続。

無一文から会社をはじめ、約2年間、社会での修行を果たした。

ま、結果は散々なこともあったけど、すごく素晴らしい体験をさせてもらった。

 

「アガスティアの葉」という5000年前の聖者が残した預言書

 

30代に入ってすぐに、インドに行くチャンスがあった。

夢に出てきた男性が、なんとインドの聖者だったから摩訶不思議な話だ。

それも偶然知り合った人が紹介してくれた占星術師が、夢に出てきた聖者の写真を持っていたことから始まって、あれよあれよという間に、インドに行くことになったんだ。

そのツアーの中に「アガスティアの葉」を見に行くってオプションがあった。

葉っぱには「60代に大きな展開が待っている」と。

それまでの間に、神社、仏閣、祈願所、祈祷場など神事や霊事に関わるあらゆるところを走り回って、精神・魂の修行をするとな。

他にも色々聞いたけど、ほぼ覚えていない。

時々、ふと思い出すのだが、その通りになっているのかな。

 

どんな占いでも「大器晩成」と言われる

60代に出番があると思えば、まだ先は長い・・・と思っていた30代から、今の50代までは、あっという間に過ぎ去ってしまった。

特に、これと言ってしでかしたことは、無いわけではないが・・・。

相変わらず、自我と魂のせめぎ合いの中、葛藤を続ける日々。

主護霊の手厳しい課題をこなす毎日。

やりたいことをやりたいようにやっている。

こんなことを書いていると、脳裏で「ローマは一日にして成らず」と誰かが言っている。

それはそうだ・・・。

 

出番が早い人、遅い人がいるだけ

早期に成功を収めて、悠々自適の暮らしをする人もいれば、苦労の積み重ねをする人もいる。

チャンスと分からず、逃してしまった人もいるだろう。

それでも、どんな人にも3回は大きな変化が訪れることは、間違いない。

チャンスの時は、今までが崩れ、新しいものに切り替わろうとする大きな力が働く。

心の衝動が収まらないとか。

なんとなくしていたことが注目を浴びるとか。

急に加速したかのような出来事が連発するとか。

それはそれは、びっくりの連続が続くんです。

その時に、過去の遺物にしがみつかず、新しい流れに身を任せるだけでいい。

魂は新たな体験を求め、次から次へと引き寄せてくるものだ。

今の仕事をすっぱりやめてしまう人もいるだろう。

今の仕事が継続して、更なる発展をする人もいるだろう。

全く違う畑に身を置く人もいるだろう。

新しい事を始めようと、心が躍る人もいるだろう。

全てがなくなってしまうようで不安だらけの人もいるだろう。

変化を恐れて身のすくむ思いをする人もいるだろう。

 

 

「破壊」と「再生」

大きな変化の際、必ずと言っていいほど「破壊」と「再生」が起きるものです。

いろんなものが破壊されていくときは、それはそれは不安で仕方ないものです。

私自身、会社を畳むときは散々な目にあいました。

人が離れ、お金が無くなり、無一文に戻った。

そう、元に戻っただけだったのです。

 

それまで創造してきたものが、一度崩壊し、再生していく流れが生まれる。

私の場合、毛色の違い過ぎる展開だっただけなのでしょう。

会社を運営していたのは、僅か2年間でしたが、何もなくなりはしなかった。

経験という宝物が残ったのです。

その時の苦しい経験がなかったら、スピリチュアルの試練に耐えきれんかったと思う。

物質的崩壊よりも、内面的な精神・霊的崩壊のほうがキツイ。

ただ、意識してなかった自分の中の世界が表出してきただけなのですが、それを知らないときはビビりまくったものです。

覚悟を決めて、向き合うようにしていくと、体験から理解がうまれ、智慧が直観的に湧いてきて、乗り越えられる。

内面が、今までの感覚から、新しい感覚へとシフトしていく。

これはビビってはいたものの、物凄く楽しかった。

発見の連続は、冒険活劇のようだった。

人との出会いも全て変わる。

自分の中で霊的な面が優先してくるようになると、出会う人も霊的な人が多くなってきた。

昔からの知り合いも、霊的な面を受け入れた者、または受け入れる流れを持つ者だけが残った。

人生をどう生きるか

今までの人生を振り返ってみて、良いとか悪いとかではなく、有意義だったかどうか。

私個人、かなり有意義だったと思える。

きっとこれからも、有意義な生き方をしていくだろう。

より発達、進化していくための様々な経験が待っている。

良し悪しはあるだろうけど、それはそれとしてこなしていこう。

最後のチャンスは、これから先のことだ。

そこに出番があると信じて、日々精進していこう。

 

やっぱり、楽しく生きなきゃね。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!