意識の範囲で現実が変わる

自分が何を見て、何を感じて、何を意識しているのかをハッキリわかるには、訓練が必要です。

見ている世界=自己の内面

見られている世界=自己の外面

ということは、何度か書いてきました。

目に見えない存在たちを捉えるには、目に見えない存在を認め信じていなければ捉えることは出来ません。

霊の存在を信じていないものには、霊を捉えることは出来ません。

神の存在を信じていないものは、神を捉えることは出来ません。

自分を信じていないものは、他者の中に自分を捉えることは出来ません。

 

 

 

何を意識するかで現実の見え方が変わります

一般的には、

自分と他者は別物と認識します。

霊の領域でも、それは同じです。

魂の領域では、個別としての認識はあるものの、別物という認識はない。

神の領域では、役目の違いという認識はあるものの、別物という認識はない。

意識の領域は、

自我が境界線を張れば、そこまでが自分の意識している範囲になります。

魂の領域では、宇宙全体が意識している範囲です。

仮に、

自我の領域を主として、普段の生活を送っていたら、自我が決めた範囲の中で現実は創造されます。

魂の領域を主として、普段の生活を送っていたら、宇宙全体を意識した中で現実が創造されます。

真実は、、、

本当は、どんな人も宇宙全体が意識範囲であって、時折、奇跡的な事、不思議な事として現実に現れます。

時折なのは、無意識の中に隠れてしまっているから。

そういう出来事が頻繁に起こる人は、意識範囲を広げるよう促されていたりします。

無意識の中に隠していることを意識するように・・・といったふうに。

それでも、気のせいにしたり、全く気付かないでいるのは、意識の方向性や自分の存在意義、役目などを忘れているからです。

その場合、意識範囲を広げようとしている魂たちの協力を仰いで、気づかせようと働きかけを起こすのです。

ソウルワーク(スピリットワーク)をするには

この意識する範囲がとても大事です。

肉眼で霊や神が見えなくとも、意識の中に存在してさえいれば、捉えることが出来るからです。

それは感覚的なものでしかないのですが、感覚的なものがとても重要です。

感覚的なものを表現するのに、言葉があり、絵があり、音があり、他にも多様な表現がされてきました。

見たまんまで捉えてしまえば、それはそれでしかなくなります。

感覚で捉えた時、イメージ化されたり「わかる」という感覚になったりします。

言葉なくして、心で語り合うというような感じでしょうか。

困ったことに、人は十人十色で、感覚も個々でまちまち。

自分の感じていることを誰かにわかってもらいたくても、感覚の相違から、すり合わせていくのが難しい場合もあります。

理解し合おうとする意識がなければ、同じものを感じていても、全く別のものという認識になってしまうことだってあります。

捉え方の観念

「こう見たい!!」・・・目で見ているように相手の像がハッキリくっきりして、会話しているように話したい。とか。

「こういうものだ!!」・・・霊とは、神とは、精霊とは、こういうものだ!と決めつけている。とか。

これらのような観念があると、それ以外は偽物?とか、別の形で表れていても気づかないとか、心から湧き上がるものを無視したりとか、それらの疑念や問題が壁になって、捉えられないことがあります。

ただ素直に観ること

あるがままの像を自分の心に投影したとき、「自分は何をどう感じているのか」が捉えるところ。

固定観念、歪んだ知識、歪んだ理解などが崩れて、はじめて素直な心の鏡が自分の中にできます。

意識している範囲が変われば、観ているものが、今までと違って見えてきます。

つまり、

現実そのものが、変化しているように感じるのです。

意識の範囲を変えることが出来たら、現実も変わってくるということです。

存在そのものは変わらずに、意識の仕方、捉え方が変わっているだけです。

人の真実は「球体」

意識する範囲は、点から始まり、線になり、面になり、立体的になり、最終的には球体になるのです。

意識している範囲、無意識の範囲と合わせて球体ですから、いかに無意識を無くしていくかがカギになります。

相手がいたら、相手を点として捉えることから始まり、過去・未来という線になり、背景や環境という面になり、どのように生きてきたかという立体になり、相手の意識している範囲という球体になります。

意識範囲を広げるには、

自分の中にある否定的観念を見直していくことです。

全て肯定していくだけ。

「そういうこともある」として、自分自身の感覚を検証していくことです。

つまりは、自分のことをよく知ることです。

言葉の数だけ、ややこしくなっている現実ですが、自分の感覚を知れば知るほど、それが何なのかが「わかる」ようになってくるものです。

知識を増やし、知恵を生み出し、感覚を表現する方法を学ぶこと。

自分を知るために、世の中があります。

世の中に自分の全てを投げてみたら、世の中から、自分に対して理解や共感が還ってきたりします。

 

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!