TAG

価値観

親と子の価値観

私の父親は職人だった。 縫製業を営み、バブル時代に翻弄された職人だった。 父親の価値観に違和感を感じ始めたのは、小学校高学年くらいだったか。 気質も相まって、上からの命令口調が多かった気がする。 親父本人が「子を放任主義で育てた」と豪語していただけあって、割に自由にさせてもらっていたとは思う。 しかし、職人肌の人の在り方は、私にとって、とても窮屈だった気がする。 そんな私も、仲間内からは「職人肌だ […]

嫌なことに目を向ける

「嫌だ!!」には、必ず理由がある どんな人でも「嫌だ」と思うことってありますよね。 そもそも、なぜ嫌なんだろうか。 私は、散々「嫌なこと」と向き合った結果、「そんなに嫌じゃなかった」と気づくということが沢山ありました。   「嫌だ」は拒絶反応 ただ何となく嫌だと思っていることがあります。 洗濯物を畳むとか、食事後の食器洗いとか、掃除とか。。。 人ごみに行く、人前に出て喋る、無理強いされて […]

正しさの呪縛~ものの見方を考える~

「正しい」と握りしめていることが自分の心を縛り付け、苦しいを生み出していること。 正義は勝つ!! 悪を駆逐しろ!! 戦争や争いごとの大儀名分によく使われる言葉・・・。 フランス革命の立役者である「ジャンヌ・ダルク」も正義を掲げ、フランスを独立へと導くのだが・・・。 映画の中のジャンヌ・ダルクは、神から問われます。 『人を殺すことが正しいことなのか』 革命を起こす側としては、それ以前の政府や政治に対 […]