魂の更新と主護神との対話

魂の更新とは

魂は1つの課題に対して、10段階のステップを踏んで経験を積んでいきます。

①出来事が起きる

②出来事に気づく

③出来事の意味を探る

④出来事の意味を見つける

⑤出来事の意味を知る・・・経験を伴う

⑥出来事の真意を探る

⑦出来事の真意を見つける

⑧出来事の真意を知る・・・経験を伴う

⑨出来事の完璧さを認める・・・その時点での

⑩出来事を手放し、次の出来事がはじまる= ①(次のステージの始まり)

この10段階をクリアすると、次の経験に向かうための更新が起きます。

免許証の更新手続きみたいなこと。

この魂の歩みには、時間的に短いものと、何年もかけて行うものとあります。

日々の小さな気づきは、短いスパンで起こることが多いです。

大きな気づきは、人生観を変える、モノの見方を改革する、より広い視野を持とうとする、在り方を定めるなどがあります。

この1つのサイクルが魂年齢の1歳です。

16サイクル(16歳)をクリアすると、一人歩きといい、自立していく流れです。

現実社会の中で、同じことを繰り返し行っている人には、出来事が起きるチャンスが少ない。

仕事に没頭し、疲れて寝るだけの暮らしには、魂の働く余地が少なかったり。

自我の意志が芽生えるまで、魂は自身に対する働きを弱めて、他者の魂に寄り添い経験していたりします。

自我の壁が厚く、魂意識に気づかぬままこの世を後にする人たちは、意外に多いのです。

それでも、人生の中には3度、大きなチャンスがあります。

そのチャンスには、病気で倒れる、事故に遇う、精神が崩壊する、突然一文無しになる、などといった、一見不幸なことが起こったりします。

「今がチャンスだよ、逃してはいけないよ」

魂は、命をかけて知らせようとするのです。

 

広告

 

更新の時は、風邪をひく?!

経験上、サイクル終わりの10段階目まで来ると、身体的に変化が現れます。

私の場合、風邪をこじらせる。

氣の流れが変化するわけですから、東洋医学的に「風の氣」が変化します。

脳はその変化を風邪と読み取り、症状を出してくる。

時には、インフルエンザのような関節痛・筋肉痛・神経痛を伴うものもあります。

更新内容が大きければ大きいほど、また、自我の抵抗があればあるほど症状も重たくなります。

次の段階のステージが決まり、①が始まると症状も嘘のように落ち着きます。

変化を恐れ、殻を破れない強固な壁を持っていると、更新時にはとても辛いのです。

心の整理をし始め、断捨離をしたとします。

出来事を繰り返し経験して、何度も心の奥にしまっている思いがあったとします。

断捨離が進む中、思い出のように頭によぎり、笑いながら「そんなこともあった」と思ったりします。

しかし、その出来事の意味や真意を掴めていなかった場合、もう一度やり直すことになります。

言い訳の代表は「面倒くさい」「思い出したけど、二度と同じ目にあいたくない」「単純に嫌だ」など。

しばらくすると、似たような出来事が起こったりします。

あれだけ断捨離してスッキリしたはずなのに・・・。

なんでまたこんな事が起きるのだろう。

そう、魂はやり直させたいのです。

その出来事には、人生において、魂の経験において、とても重要なことが隠れていたりするからです。

同じようなことが起こった場合は「チャンス」

その出来事を通じて、自分の中の何かに気づき、新たな自分を発見し、起こった真意を掴めるチャンスなのです。

ただ、流れるような毎日の中には、偶然起きることなんて何一つないのです。

例えば、

毎年同じ時期に風邪をこじらせる。

人間関係に悩み、何度転職しても、転職前と同じような人間関係になってしまう。

過去に受けた傷が、何かのきっかけで疼く。

キレるポイントがある。

他にもいろんな症例がありますが、過去を引きずったままの状態は未来にも大きな影響を及ぼします。

本当に「腑に落ちる」まで、繰り返し繰り返し出来事は起こります。

どこでチャンスを掴むかは、それを変える!というあなたの意志と本気次第です。

 

広告

 

魂の指南役は主護神

どんな人にも主護神は寄り添っています。

陰陽五行の理に則って、魂の進化を促す役目です。

魂には、得意分野があって、『木・火・土・金・水』の気質の性質に関わります。

また人間関係も、この五行の理によって、相性・相克の関係が成立します。

嫌いとしていた人も、役目や役割という見方をしたとき、ただ嫌っていたわけではないことに気づいたりします。

一見、とても苦しい出来事も、見方を変えれば、大きな学びに繋がることも。

魂は常に進化、発展を望み、より大きく、広く、深くなろうとしています。

今までに囚われて、自分の範囲を固定化させたい「自我」と、いつもいつも相反しながら、少しずつ変化し進化していこうとします。

そのためにプレッシャー、ストレスを与えてくれる魂と引き合わせたり、鏡として互いの役割を演じる魂と出会わせることもあります。

それらを総括するのが主護神の働き。

主護神と主護霊は連携している

主護霊は、生涯を通じて寄り添う「本主護霊」、出来事のたびにその都度、応援として憑く「指導霊」と大きく分けたらこの二つ。

人としての指南役で、生まれ持った魂の求める進化、影響力などのパワー、役割的なことを熟知していて、自身の霊体に直接関わり合い、人選、選択肢、環境的なことなどを担当・選別しています。

多くの方は、先祖霊、または前世の中で、最も高い波動を持った方が憑くようです。

中には、宇宙意識体であったり、宇宙人が主護霊として憑いている場合もあります。

主護霊と主護神は、常に連携していて、魂の目的に沿った「在り方」を指導・指南します。

何らかの理由で強固になってしまった「自我」の壁を乗り越える手伝いをし、常に支えてくれています。

人生の要所で必要な鏡的な出会い、気づきに必要な言葉などを用意してくれ、人としての成長を促してくれます。

 

主護神も主護霊も自分の内に存在する

「何を見て、何を感じて、どうしようとしているのか」は、自分の中に全てあることです。

ですから、常に自問自答するように、主護神・主護霊と相談します。

「答え」は出てきません。

そうであろう選択が湧いてくるだけです。

その選択を実行した結果が答えなのです。

自分に素直な人ほど、この実行は早く、結果も早く得られます。

「答え」と聞くと正解かそうでないかという観念に囚われやすいものです。

現代教育の答えの観念は、答えとしてあるものを当てに行くクイズのようなもの。

どうしても「正しい・間違い」に分別したがるものです。

人生においては、選択と結果があるだけなのです。

 

広告

 

真意はかなり足元にある

更新の際、いつも思うことは「そういうことなんだ・・・」ということ。

そのことを自分に言い聞かせ「受け入れる」か「否か」の選択肢しかありません。

それは、今までと真逆なことに見えるかもしれません。

それは、今までになかったことかもしれません。

言ってしまえば「未知」なる選択が多かったりします。

その未知に自分が飛び込めるかどうか。

「不安」や「恐怖」は自分の中にあります。

魂が選択し、自我が遂行するという意識であればあるほど、魂の進化は早いものです。

関連記事

タイトルを見て、何?と思った方もいるでしょう。どういう意味か。スピリチュアル観は、霊も含めた世界の見方と自身の在り方を模索します。人の中には「自我」と「神我」(魂)の二重構造が存在しています。どっちかに傾倒するように出来ていますが、[…]

進化を促すひふみ祝詞

日々の日課に・・・。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!
広告