死して彷徨うのは・・・~スピリチュアル

我が家には、死して、彷徨っているお客様がやってきます。

死して、間もないお客様もやってきます。

ようするに、日常的に誰かのご先祖様がやってくるわけです。

以前は、どうやって探してくるのか不思議でなりませんでしたが、霊体だけのお客様に聞いたら納得でした。

まぁ、その話は置いといて。

 

 

死んだことは分かっているが成仏できない相談

自分は確実に死んで、霊になっていることは理解している。

だけど、霊界において、生前にしてきたことを見直しても、「何が悪いのか」が分からないという。

霊界にはいくつかの段階がありまして、自身を理解し浄化したものから順に昇華していきます。

この前は、お役人をしていた霊がきまして、悪い事をした罪人を裁く仕事をしていたようです。

当時は、極悪人には斬首刑というものがありました。

人々を苦しめ、悪い事を沢山してしまった罪人を裁き、時には打ち首という斬首刑を言い渡していたようでした。

霊の言い分では、罪人を裁き、時に打ち首にすることが、なぜ悪いのだ。

どうやらこの霊さん。

あの世において、首を何度も落とされるのは何故か理解できないようだ。

自分がしたことを、そうされた相手になって自分が経験する場としての霊界もある。

生前に首を切ったことがあれば、霊界で首を切られる経験をするということ。

地獄とはこのことだ!! そう思っているようでした。

人間の世界では「正しい」ことも、霊界に行ってしまえば、生前の自分の行いに過ぎない。

時代背景や文化、環境なども影響するのですが、

「その仕事に誇りを持って精一杯、お国に尽くしたのに・・・。」

矛盾しているのは当然です。

なぜこの私が・・・何度も何度も首をはねられて、苦しい思いを繰り返さねばならないのか。

ただ、人を殺めることをしました。それだけを認めることなのです。

罪人にも理由があって、罪を犯し、人を殺めることをした。

役人にも理由があって、罪を裁き、人を殺めることをした。

このことを認めるには、罪人より役人のほうが「善」の意識があるだけ辛いかもしれません。

その行為に「善悪」をつけるのではなく、ただそのことをしたと認めること。

霊界において、正義や国は関係なく、ただ自分の行いを認めることが成仏へのプロセスにあるのです。

言ってしまえば、「罪=悪」としているのは、人間の住するこの世だけの事。

そんなことをイメージの中でお伝えすると、自分の行いを認めようとしてくれました。

どうしたら成仏できるか?

首をはねた人たちのところへ行き、首を元に戻してあげてください。そう伝えました。

暫くすると、大勢の霊たちとともに、挨拶に来てくれました。

みなさん、深々と頭を下げられていました。

 

 

死んだことがわからず、どうしていいか分からないお客様

このケースも意外と多い。

交通事故や突発的に起きた事故や、心臓発作、脳卒中などの病気で亡くなられた方が多いです。

生前と変わらない感覚で霊体となっているので、困惑した状態でこの世に留まってしまいます。

この場合、まず死んだことを理解してもらわねばなりません。

主護霊も大体は傍にいるのですが、その存在を生前から意識してないか、知らないか、信じてない場合は、ただのストーカーみたいに扱ってしまいます。

死んだことを理解させるために、霊媒をピーちゃんにしてもらいます。

身体があるのに、知らない人の身体に自分が入る。

霊体だけで存在しているから、あなたの肉体は無いんだよ。

そんなところから始めます。

死んだ瞬間の記憶を客観的に見せると、おおよその方が死んだことを理解してくれます。

それでも認めようとしない霊も中にはいます。

そういう霊には、身体で触れる感触と、霊体だけでの感触を実感してもらったり、近い先祖を呼び出したりして、説得したりします。

死を悟ることが出来るのは、死を覚悟できた人だけなのかな。

突然亡くなられた方は、死を覚悟してなかった分、認めたくない思いが強いのかもしれませんね。

私たち人間は、いつかは死にます。

今を一生懸命に生きるのもそうですが、死後の世界があることを知っておいて欲しい。

生きている間は、

無神論者でいるのは自由です。

死後は何もないと信じるのも自由です。

霊を怖がり、恐怖の対象とするのも自由です。

ですが、私の経験は事実で、彷徨う霊を何万とみてきました。

そのたびに、説得するのは、結構うんざりするものです。

一番厄介なのは、死んだ後の後悔の念や無念。

生きているうちに、自分自身のことをよく知って、向き合って、出来る限りの無意識を減らす。

後悔や無念さを残さないように、今を精いっぱい生きる。

出来得る限りの心配を無くしていく。

生きているときにしか出来ない「創造」をしていく。

いつかは死ぬのだけど、生きているうちの可能性を広げてほしい、そう願う。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!