在り方について

自分自身を散々探し回った挙句、途方に暮れてしまうことがあった。

「どうなりたい」ばかり意識して、自分の鏡を探す。

理想の自分を演じてくれている人を追い求めて、いろんな世界に飛び込んだり、出会ったり。

そのたびに影響は受けるものの、目の前の最高の自分と、今の自分を比較してしまったりして。

最高の自分に到達するためのプロセスは、山登りと同じ。

必死に駆け上って、頂上に立った時、目標だった最高の自分になれているだろうか。

答えは、そうしてきた自分にしかわからないだろう。

 

いろんなことを考え、スキルアップして、そうなろうと決めた自分に負けないよう頑張る。

とにかく高みを目指して、ひたすら努力し続ける。

 

ふと、なんか疲れてしまった。

自分の中に疑問が湧いて、本当にそれが最高なのか・・・。

そんなとき、ある本と出合った。

「バーバの教え」 

その中にあるフレーズを読んで、なりたい・・・から在ろうに切り替わる瞬間があった。

そのフレーズとは

すべてはつながっている 

すべてのものがその他すべてのものの面倒をみている 

すべてのものが全体と調和している

だった。

自分自身を外側に投影するのではなく、自分自身の内側に備わっているもの。

そう意識が変わった瞬間だった。

 

夢を追いかけ、必死に努力してきた自分が居て、もがいて、苦しんで、悩んで、からだを壊して、それでも頑張って生きてきた。

人生は苦悩の連続だ・・・くらいに、思いが心を駆け巡り、自分自身を痛めつけて、鞭打ってきた。

神を恨み、人を遠ざけ・・・。

 

そもそも、自分はどう在りたいんだ?

自分を大切に、人を愛し、喜びを共有して、楽しく生きる。

始まりは、これだったことを思い出した。

 

これこそが自分が目指す最高の自分ではなかったか。

外側に意識を持って行ってからというもの、比較し、競争し、愛とは裏腹の憎しみや恨みを抱き、人を支えることに苦痛を感じ、共有などできず、辛い生き方をしてきたと実感した。

 

広告

 

いろんな本に書いてある「ただ在る」

その意味を、ただ在るとは真逆に走った結果、やっと理解できた。

 

吾、ここに在り。

 

吾在り。

 

吾。

 

心の奥底からそう思ったとき、「悟り」が生まれるのか。

吾、宇宙と胴体也。

吾、宇宙に尽くしたり。

吾、すべてと調和したり。

恍惚ともいえる、眩い光の中に「吾」が在り、光は「吾」が発するものであり。

人は光の存在であると言った聖者の言葉。

その目線が理解できた。

 

あとは、

在り続けるだけ。

 

目標とした瞬間にそれはなり、欲した瞬間にそれは手に入る。

イエスが言った「汝、求めよ。さらば与えん。」

その通りだ!!

 

道に迷い、自分が見えなくなって知ったとき、思い出してほしい。

どんな人の中にも、必ず、在り方は存在する。

あなたにはあなたなりの在り方があるはずだ。

ふたをして、閉じ込めているだけだから、開放してあげたらいい。

 

同じ努力をするにも、スキルを得るにも、在り方をしっかりと自分に根ざしているだけで、生き方が違う。

そう願って、そう求めて、ただ在るだけで、引き寄せられてくる。

必要なものは、向こうからおのずと近づいてくる。

競争することなく、比較することなく、憂うことなく、ただ学び、経験できる。

許すことも、与えることも、叱ることも、励ますことも、ただ素直にできるようになる。

 

これでいいのだ。。。

 

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!
広告