風の神「ハヌマーン」がやってきた~日々のこと

先日、横浜でのお仕事の少し前、久しぶりにガネーシャがやってきた。

ガネーシャ神

象の顔したデップリお腹の神様で、愛嬌タップリ。

ヒンドゥー教の神の一柱。

日本名は、歓喜天。

あらゆる障害を除くことから、新しい事業などを始めるにあたって信仰され、除災厄除・財運向上でも信仰を集めている。また智慧・学問の神でもあり、学生にも霊験豊かとされる。祈祷を始めとして、あらゆる開始にあたってまずガネーシャに祈りを捧げると良いとされる。ウィキペディアより

ガネーシャに散々お世話になった横浜の仕事帰り、急に風邪っぽくなってきた。

いつもの「盛り込み」か?

そう感じていたけど、何かが違う・・・?

 

 

ハヌマーンが声を掛けてきた

ハヌマーン
お主は、わしを知っておろう? 久しぶりじゃなぁ・・・。
ロッキー
え・・・? 誰?

大体、神様というものは、自分の名を名乗らないのだ。(当たり前か・・・)

イメージ膨らまし、神様を意識していると・・・・・猿・・・?

ハヌマーンじゃないですか!!

ハヌマーン
指導をするから心しておけ、いいな。
ロッキー
はーい。

ハヌマーンは風を司る。

風の神というのは、何もただ風を吹かすだけではないのだ。

気というものは、風に例えられる。

人の気、空気、磁気、「気」という文字が入る役目には、必ず「風」の働きがあるのです。

20年前に出会ったインド人に教わった

学芸大学に住んでいた時、近くにインド人のヒーラーがいて、何かの拍子で出会い、それからよく会うようになった。

この方、私がインドに訪れた際に出会った「聖者」の旧友でして、運命のいたずらにしては出来過ぎなのだが、その話で盛り上がったりしていた。

もう亡くなられた「サティア・サイババ」の聖者養成学校?に通っていたらしいのだ。

いろんな裏話を聞いて、より聖者が身近に感じたというか、なんというか・・・。

インド人ヒーラーは、いろんなマントラや前世のことなど、気さくに教えてくれた。

御礼にお金を払おうとすると、「あなたからは受け取れない・・・」という。

どうやら、ヒーラーの主護霊にそういわれているとか。

意味が全く分からんかったけど、以前にもそういうことが多々あったので、不思議に思いながらも感謝を伝えるだけにしていた。

そんな中、このヒーラーに、ハヌマーンは男性神で、独身男性だけが修行できる風の行があると聞いた。

ハヌマーンのマントラを日々1008回・・・21日間唱え、その間は全く女性に触れてはならないという行だ。

っていうか、私は既婚者!!

目の前に人参ぶら下げられた馬じゃん・・・。

とはいえ、妻に協力してもらい、21日間、この風の行をやり通してやった。

その事をヒーラーに話すと、思いっきり笑われたさ。

独身だけって言ったじゃん・・・ってさぁ。

と、まぁ、こんな感じでハヌマーンとは縁があったわけです。

20年越し?

 

ガネーシャといい、ハヌマーンといい、トヨクモノといい、なんだか最近、いろんな神々が集まってくる。

っていうか、神の世界では、みんな仲良しさんなわけです。

とブログを書いている横で、座敷童が言う。

「お風が吹かないと実をつけられないんだょ~」

スゲー単純。

そういうことだわな!!

トラクターの夢から大地が整って、魂の種を植え、潤いや豊かさを育む雨が降り、実りの時期を迎え、広く届けるのに風がいる。

大自然の理そのもの

ガネーシャもハヌマーンもインド神としての名前でしかない。

ガネーシャは、芽吹き。

ハヌマーンの風の働きで広がっていく。

私の未来は明るいぞよ。

っていうか、私に関わる人たちの魂の種が育っていくために、用意されているようだ。

20年かけて育ててきた自分自身。

協力してくれた妻とピーちゃん、座敷童。

出会ってきた魂たちに感謝です。

そして、大地となる意識を広く広く・・・。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!