神様と自分

スピリチュアルの学びは、人のとしての可能性を広げていくこと

霊的な話、神様との対話、魂や主護霊・・・といった、目に見えない事象をいかにして捉え、自分の存在を明らかにすること。

十数年にわたり研究しつつ、学びつつ、経験して得たものがあります。

①神には良い悪いがない。

②神は人をはじめあらゆる存在の自由を奪わない。

③神は人をはじめあらゆる存在の意志を尊重し応援する。

自分に不利益なことが起きると、何かのせいにしたがります。

私も、よく神様に文句言ってました。

でもそれは、自分が望んで呼び寄せて、起きた結果であるということに気づいた。

神様は、自分の望みに対して精一杯応えてくれていた。

そう認めたとき、自分が変わらないと、望みを変えないと、結果も変わらないと心の底から思ったものです。



すると一つの法則があることに気づいた。

本気で望めば、それは時間を経て必ず叶う。

つまり、そう願い望んだ瞬間にそれはすでに叶っている。という法則。

そこには大きな落とし穴がある。

神様の世界ではすでに叶っていることも、人の世界に降りてくるまでに時間がかかる。

その間に、他の望みも付け加えている事実。

それが無意識でもだ。

最初の望みをずーーーーっと持ち続けて、あらゆる試練が訪れるのは、他でもない自分の無意識にある望みも叶ってしまっているからではないか。

で、無意識にある自分の思いを意識下に置くよう努力し始めた。

無意識の中には、先祖の事、魂の転生の事、トラウマ、癖などがたーーくさん詰まっていた。

肉体があるのは先祖たちが子づくりしてくれたおかげ。

魂で在る自分は、その肉体をめがけて降臨し、経験できる。

育ってきた環境、その中で経験して培ってきた良い悪いの思い、考え。

なんども繰り返してきた方程式のような癖。

全て、無意識に望んで自分が発している事実。

ここを認め、改めて、最初の望みを叶えるべく努力することがスピリチュアルの学びの本質的なことなんじゃないかと思えたんです。

先祖供養の大切さ。

人間関係の大切さ。

自分の思考のコントロール。

癖の改善。

魂や霊の知識と知恵の学び。

心の整理整頓。



神様は、八百万。

自分の存在は、自分以外のものを知ることで確立される。

自分から世界に発信すればするほど、世界から自分に向かうエネルギーも増える。

その分、学ぶことが多くなり、経験も豊富になる。

心が豊かになり、さらなる進化へと続く。

八百万の神々は、その意志すべてに完全に応え、人の成長と進化を促している。

人に限らず、自然界にあるモノすべてを包括して、支えている。

親の心、子知らず・・・。

神が親で、自分が子だとしたら、本当にその通りだ。。。

細胞間の共有とスピリット

人体の不思は少しずつ、科学的に解明されてきています。

細胞間、臓器間の情報共有は最近になって発見されてきました。

私自身も、様々な病や疾患に苦しんできましたが、スピリットを学ぶに従って、対処と根本解決が見えてきました。

まるで精密機械のような人体には、出来うる限り健やかに、元気になろうとする意志が備わっています。

それは、スピリットが望む経験を補佐する役目を全うしようとする意志があるからです。

また、病や疾患を負うことでスピリットの目的を解消している場合もあります。

経験は何よりも大事な宝物。

苦を伴う経験は、より大事なものです。

スピリットは、乗り越えられない課題は決して与えません。

乗り越えた先にあるものは、他者へと活かすことができる。

生まれながらに持っている病や疾患も同じです。

人間が作り出したバグを自らの身体と精神で乗り越えるよう設定されている場合もあります。

乗り越えて、導き出された経験値は、バグを解消する糸口となり、人類全体に影響していくものです。

大自然は、それらを長きにわたって経験し、地球と宇宙全体のバランスを取るようにできています。

人も大自然の中にあります。

スピリットは4つの働きを持って、調和しようとしています。

「現すこと」

「和すること」

「幸せになること」

「奇しきなること」

根本的に備わって、霊的な交流を元に、現実が創造されている。

スピリットが現わそうとしているのに、理由をつけて現わそうとしなければ、不自然な働きとなり、身体に不具合ができるもの。

他の働きも同じこと。

社会との間にも、世界との間にも、細胞の間にも、臓器との間にも、同じように4つの働きがあります。

人と人、人と自然、人と世界、人と社会・・・・。

自分が見ている内面の世界は、自分が存在している現実の中にあります。

自分を知るために、現実があり、自分以外のものが存在しています。

その見ている内面一つ一つの中に、自分のするべき事項、案件があります。

スピリットの意図した図面を意思をもって創造していく。

その個々のスピリットを大きく包むスピリットがあって、さらに大きなスピリットがある。

すべてがこの一瞬に凝縮され、今にあります。

その時、自分が何を求め、何をしようとしているかを正確に知ることは出来ないかもしれませんが、選択次第で自分の現実が変わってきます。

病も疾患も、今どうするかを決めることで回復もすれば、悪化もします。

スピリットが求める創造と自分の創造が一致しているとき、物事はスムーズに流れるものです。

物事がスムーズでなく、問題が発生する時は、何かの気づきを促して、解消する流れが生まれます。身体はそれらの事に影響されています。

身体の不具合には、そういった一面があるものです。

行動パターンを変えてみよう

なんか上手くいかない。

同じことを繰り返してしまって、空回りしている感じがする。

変化がなく、刺激が欲しい。

生きている実感を感じない。

無気力で何もする気がしない。

生きることに漠然とした不安がある。

など。

気づかなぬうちに、同じ行動パターンをしてしまっている人は意外に多いです。

そんな時は、思い切って、パターンを崩すこと。

 

自分らしく生きる

自分の現実は、他ならぬ自分自身が創造している。

その現実を楽しく意気揚々と過ごすのも、嘆き悲しむのも自分が選択したこと。

人それぞれ、家族、学校、会社、政治、社会全体と個から集団と括りは様々。

その中に身を置いている現実も、すべて自分が選んでいるのです。

その現実に違和感を感じているならば、選択を変えればよいのです。

ほんの少しの勇気と心の奥にある信念に気づけば、行動できるものです。

「今」という現実は、過去の自分の選択した結果であり、未来にこうなろうとする希望でもある。

「今」には、過去も未来も集約されている。

時間の観念が生み出すものの考え方、捉え方を少しだけ変えてみたら、「今」は実に完璧だと思える。

~したら、~なれば・・・。

こうなるなんて、思いもしなかった。

この現実は、自分が選んだわけではない。

~たい。けど~だから・・・。

人生におけるトラブルが生じたとき、こんな考え方になるだろう。

上手くいかないとき、人のせいにしたり、社会のせいにしたり、環境のせいにしたり。

数々のコントロールドラマにはまり込み、抜け出せなくなっている人もいるだろう。

視野を少し広げるだけで、見え方はガラリと変わったりします。

それは、

「自分の現実は自分で創っている。」という事実をしっかり受け止める覚悟から始まります。

その事実から目を背け、言い訳していては、何も変わらない。

どんどん深みにはまり込んでしまいます。

「自分の意志で創造する」と心に決めて、どんな自分になろうしているか自分と向き合うことが次のステップ。

それは、今までの自分に対して違和感を覚えることもあるでしょう。

「変化に柔軟になる」

変化していくときは、希望と不安はつきもの。

どっちかばかりを観るのではなく、どっちもしっかり見ていくことが大事です。

「未知に心を開く」

無知であることを認めて、学ぶ姿勢を忘れないこと。

知らないことを聞く勇気を持つこと。

「断捨離」

いらないものを捨てる覚悟を持つこと。

心の中に沢山のすがりがあればあるほど、モノも増えていきます。

いつか使えるだろうと捨てられないものは意外と多いものです。

今必要かどうか・・・が判断基準。

一度捨てたとしても、また手に入れることもできるのです。

それを無駄と考える人もいるでしょうが、今必要ないものを心の中に置けば置くほど、新しいものは入ってきません。

「手放すこと」

学んだことを自分の中だけにとどめておけば、いつか必要ないものになって、心が満タンになり、また動けなくなります。

それを人に教えたり、与えたりすることで、学んだことが活かされます。

そこに生まれるエネルギー交流が、豊かさにつながっていくのです。

ここまでのステップは繰り返されます。

人にはステージがあり、ステップアップしていくようにできています。

一見似たようなことも、ステージが違えばまた新しいものに見えたりします。

そのステージ変化は、人が離れたり、会社を変えたり、独立したりと現実に起こります。

今までに囚われていたら、その変化を見逃してしまうことになります。

ステージダウンしてしまうケースもありますが、ちきんと理由があります。

自分らしく在るというのは、

「自分の意志で現実を創造していること」

それこそが、魂の歓びであり、進化への過程なのです。

すべては在る

今まで「ない」と思って、諦めたり、羨んだり、妬んだりして

苦しい思いしてきましたか?

それは、自分の本当の姿を知らないからです。

では、本当の自分って何でしょう?

これから、人間の神秘について探っていきましょう。

はじめに意志ありき

すべての存在は、ある一つの存在から生まれました。一なるものの法則万物の根源

一つの存在は、己を知るために、もう一人の己を生み出しました・・鏡の法則、太極

もう一人には、完全なる自由を与えました・・・自由意志の法則、愛されている原則

たった一つの約束を課しました。それは必ず自分に帰ってくること・・・

一元回帰の法則、指導原理

そして、一つの存在は、姿を消しました。

もう一人の己の自由な旅をわが経験とするために。

やがて、もう一人はあらゆるものを創造していきます・・・創造主 魂の親

さらなる自己を生み出すべく、自分と反対の存在を生み出しました・・・陰陽の法則、造物主 自我の親

そして、世界(宇宙)はどんどん造られていくのです。

宇宙には、どんな働きがあるの?

エネルギーの4つの力

① 電磁気力 (荒・現魂の力) 身の回りの力はほぼ全部、電磁気力出てきている。

  ☆あらゆる存在を存在として位置付ける力

② 引力 (幸魂の力) 惑星が規則的な周回軌道を取る力。

  地球が地球中心に引き付ける力(重力)

  ☆存在を引き付ける力

③ 弱い力 (奇魂の力) 物質の性質を変化させる力

  ☆存在の変化を促す力

④ 強い力 (和魂の力) 物質同士を結び付ける力

  ☆存在同士を助け合う力

つまり

全て、

既に備わっているということ。

既に愛されているということ。

既に、与えられているということ。

既に、自由であるいうこと。

 

宇宙の理は以下の通り

① 単純……物事がシンプルである。

② 調和……摩擦がなくバランスがいい。

③ 共生(協調)……助けあい、補いあう。

④ 開放……秘密がない。

⑤ 自由……束縛がない。

⑥ 公平……差別がないが区別はある。

⑦ 融合……すべてが、全体のもとに一つになっている。

これらのことは、目に見える見えない拘わらず、どんなものも統一されていることなのです。(統一場)

これらは、魂の働きです。

宇宙創造者の分身としてある魂は、前記の事柄を大前提にしています。

これが自分の本当の姿です。

この本当の姿である自分を知るために、自我があります。

自我の原則は次の通り。

自我とは、個体保存、生命維持の大原則の下に造られています。

自分を守る事、自分のアイデンティティを保証することを、行動の最優先になります。

人の存在として個別化されたときに、命を維持し、自分を守り、主張し、個性として成立するのを目的としている。

母親から生まれ、成長とともに自己認識をし始めると同時に、自我は目覚めます。

家族から始まり、学校、社会に出て人の中に自分を見つけます。

自分は何者で、何をしようとしているのか。

そんな思いを抱きながら、あらゆる経験を積んでいきます。

少しでも他のために働くと、損をした気分になったり、自分を主張したくなったりするのです。

「受け取ること」には一生懸命ですが、「与えること」には消極的です。

このように、人間の自我だけが、宇宙の中で整合しないもう一つの性質を抱いているのです。

地球の理に準じた働きをしながら、自我は成長していきます。

① 複雑

② 不調和

③ 競争

④ 秘密

⑤ 束縛

⑥ 不公平

⑦ 分離

⑧ デジタル

以上の流れの中、様々な思考、感覚などを養っていきます。

そして、自我の大きなポイントとして、自己を守るという部分と裏腹に、死に対する不安、恐怖を併せ持っています。

また、自分以外の他者をコントロールしたがる性質もあります。

より複雑化した社会において、自己尊厳を満たすためには、他者のエネルギーが必要と考えてしまいがちなのです。

自分にエネルギーを向けさせるためのあらゆるドラマを仕掛けていきます。

(コントロールドラマ)

これによって、強弱者がきまり、格差へと向かってしまいます。

さて、ここまで解説してきましたが、あなたの目には、自我がとても悪い存在に映っていませんか。

宇宙に整合する自己を知るためには、もう一方の整合しない側面が必要となるのです。

こうして、魂と自我は、相反する性質を持ち合わせつつも、一体なるものとして存在しています。

自己の中で葛藤し、疑念を抱き、不安をもたらす部分です。

また希望をもって、信じ、愛する部分でもあります。

この自我があってこそ、人は成長できるのです。

人は、④つのパーツから成り立っています。

①身体…表現する乗り物

②心……表現する意識

③魂……生命の源

④霊体…その全体の取りまとめ。

霊体は、魂の生命エネルギーにより、身体を整え、生み出された心を受発信します。

すべてがバランスよく、調和している状態が人間の健康であると言えます。

自我の維持があり、魂の命があってこそ、人として生きていける。

人は、様々な葛藤があり、問題を定義し、その答えを体験していきながら、経験を積んで成長していくようにできています。

生きゆく中で、実に様々な出来事が起きていることでしょう。

それらすべて、自己成長のためのプロセスであると言えます。

成長の最高地点は、「一なるものへの回帰」ということになります。

「一なるもの」は、自分以外のあらゆる経験をわが経験として歓喜している…。

未来創造は、人間の生きる基本です。

チャレンジすること。

未知なことは、誰しも恐れる。がしかし、

新たな自分創造は、あらゆる可能性を味方にできるのです。

具体的なオーダーには、具体的な結果が返ってきますから、

最高の自分をイメージして、オーダーするだけで叶うシステム。

ただし、時間のズレを信じ待つことができれば・・・。

お年玉

面白かった、今日一日。

朝起きて、すぐに義父からの電話。

義父の従姉妹にあたる叔母が正月から連絡が取れないから、見に行ってくれと。。。

すぐに叔母の様子を見たけど、すこぶる元気で忙しくしている様子・・・。

まーそんなこと義父に言っても、信じやしないので、取り敢えず挨拶がてら行ってみることにした。

家人たちを叩き起こして、いざ出発。

三が日の三日目は、まだまだ空いてる東京都内。

昼前に出発したのだが、小一時間ほどで着いた。

途中、焦りながら電話をしてくる義母。

叔母の姪っ子にも連絡がついて、東京に向かっていると・・・。

なんか大事になってきた。

さてさて、玄関につきまして、ピンポーン。

「はい・・・」

当然居ますし、元気ですよねぇ。

叔母も大事になったと笑っていた。

叔母は上がってけとは言うが、姪っ子の事を伝えて、あがらずに玄関先での新年のご挨拶。

妻と玄関先で、少し話し込んでると思ったら、お年玉をもらっていた(笑)

40を超えても、叔母からしたらまだまだ子供なんだろうね。

遠慮なく頂いてきました(大笑)

帰りの車で家人たちと、今日の出来事について話しながら、遠回りしたお年玉だなぁと笑った。

後で聞いた話だけど、叔母と姪っ子、数年前に揉めてから会ってないらしく、本当に久しぶりの再会を果たしたそうで。。。

叔母も90を目前にしているし、いつあの世に逝かれるかわからんし。

姪っ子にとっても、仲直り出来てよかったなぁと思う。

ま、我々は、そのおこぼれに与ったわけだ(笑)

日常には、不思議な働きがたくさんある。

我々は、いちいち検証する癖がついているから、流れが良く見えるし、人の思いとか神様の働きとか、いろんな意味が隠れているのがわかる。

仕事柄っていうか、そういうのって大事だなと思うのです。

怒らなくていいところで意地張ったり。

弱音吐かなくていいところで、落ち込んだり。

大好きなのに、大嫌いって言ったり。

いろんな経験を通じて、人は成長するとは思いつつも、自分が出来てないとと思ってしまうわけだ。

ま、出来てないところもたーーくさんあるが、それもいいだろう。

些細なことで後悔するよりも、些細な事に感謝して生きたいと思うわけです。

偶然のようなお年玉。

必然の影があるんだよね。

さて、何に使おうかね。



すべては一時的

神との対話の中に「すべてのことは一時的なものである」とあった。

現実だけが見えている世界だとしたら、それは考えられないこと。

以前、窮地に落ちたことがあった。

時間を経てみたら、確かに一時的なものだあった。

今も蕁麻疹に悩まされているが、きっとこれも一時的なこと。

先に苦しいを味わっておけば、後は楽が待っているものだ。

この蕁麻疹には、私の前世と先祖の越えねばならない大事なカルマが隠れている。

そのヒントとは、

魂の働き

魂の始まりと終わり

魂が相対性の中に在る理由

魂の目覚め

魂の糧

魂の源

11月の終わり位から、今までは冬場に現れる寒冷性の蕁麻疹はよく出ていたが、今回は違う。

確かに、内臓の疲れは溜まっていた。

胃腸の働きを整えるようジャガイモの黒焼きを飲んだり、玄米酵母液を飲み始めたり、多めの水を飲むようにしたり・・・。

体調は、疲れやすく、気血が足りない印象なので、妻の漢方をお茶にして飲んだりと、十分に氣をつけていたのだか、治らないばかりか、酷くなるし・・・。

改めてメッセージを取り直したら、かなり深いところのトラウマとな。。。

それで年末年始は内観ですよ。

ずーっと、いつでもどこでも、解決の糸口が見えるまで。

外側からの盛り込みなどのエネルギーを出来るだけ排除し、外に出るときも、結界を張り、内観するためのエネルギーフィールドにしていたわけです。

余りにも出てこないので、夢にヒントを残せと主護たちに言い、やっと見た夢が大きなヒントとなったわけです。

4/4に社会的な事をはじめ、グループの在り方のワークをし直すメッセージとか、まー色々頂いたわけです。

今日になって、自分の中がある程度整理できたので家人たちに報告したわけですよ。

蕁麻疹は、落ち着きました。

1日限りのお酒も飲んで、めぐりが良くなったのが、ほぼ消えました。後は残ってますが・・・。

さて、明日の朝、どうなっていることでしょうかね。

余談が多くなってしまいましたが、

お金に苦しむ。

人間関係に苦しむ。

病やケガに苦しむ。

全て経験してきたが、確かに一時的なことであった。

今、厳しく苦しい状態にあったとしても、必ず道は開けると信じていいと思う。

それも、人生にとっては、一時的なものだから。

ただ、それなりの努力は必要かな・・・。

ちなみに、もう気づきだろうか。

日めくりカレンダーを入れてみました。

その日の花と花言葉(多数あるようですが)そして、神との対話365日の言葉を添えてあります。

日々の参考にしてもらえればうれしいです。

シンプルライフ

あらゆる欲望をそぎ始めると、黙っていてもシンプルな生き方になる。

シンプルとは、非常に単純ということ。

起きて、仕事して、食べて、寝る。

起きる時間も自由。

仕事する時間も自由。

好きなものを食べて。

よく眠る。

身体は月齢に反応するようにできているし、昔からある暦にもリズムが合う。

新暦より、旧暦。

人は新月近くに生まれ、満月近くで他界する。

しなければならない・・・という理由を少しだけ変えて、したい・・・を・・・しように変えて、一日を精一杯生きて、しっかり寝る。

それができないときは、何かの理由があるとき。

その理由が自分にとってどうあるか。

有益なことなのか、利他的なことなのか、利己的なことなのか。

善悪を考えない。

出来事すべてに意味があるので、その時わかればいいのだが、わからなくても、後に意味は分かってくる。

あらゆる感情も、心の奥から湧いてくるものか、状況に反応していることなのかを見分けるだけ。

良し悪しの判断をしないこと。

今できないことは考えない。

今できないことは、今考えてもどうせできないこと。

だったら、考えずにリラックスする時間にしてしまう。

心配しない。

心配すれば、それが引き寄せられる。

心配事のほとんどが、生きるか死ぬかに直結しない。

自分のものは何もない。

働いて買ったものだとしても、自分として大事にするだけ。

友人から頂いたものも、自分として大事にするだけ。

手放すときは、感謝して。

いつまでも執着しなくて済む。

表現を精一杯する。

会話も思っていることを自分の言葉で話す。

余計なことは考えず、ただ素直な言葉で。

それが自分の真実。

シンプルに生きることは、「今」に生きること。

人間が歓びと感じる4つのこと

①人に愛されること

自分は、今まで愛されて生きてきたかな?

そんな自問自答に、思い出は応えてくれる。

両親がいて、家族がいて、学友がいて、ペットがいて・・・

明るく楽しくばかりではなかったけど、確実に愛されてきたなぁと思った。

 

②人に褒められること

褒められた記憶は少ない。

やんちゃ坊主で、やりたいようにやってきたし。

割に厳しい言動が浴びせられていたようにも感じる。

そんな中、そっと褒められることがすごく気持ちを高揚させたのは覚えている。


③人の役に立つこと

自分がしたくて一生懸命やってきたことが、人の役に立っていた。

あえて、誰かのためとか、社会のためとか定義づけた記憶はない。

ある時、突然の「ありがとう」に驚いたくらいだ。

自分のためにしていたことが、人の役に立っていたんだなと。


④人に必要とされること

今の仕事で、これは多くなった。

使命感とか、責任感とかそういうプレッシャーもあるけれども、カウンセリング後に笑顔で帰られる歓びは、何にも代えがたい。

時に、必要とされるが行き過ぎて甘えや依存になると重くなるが・・・。

それでも、必要とされるのは間違いなく歓びだと思う。

 

この4つの言葉を思い返すことが多くなったな。

自分を愛するには、実感と希望が必要だとも思う。

人は嫌悪する記憶はとどめるが、感謝されたことは忘れる。

また、他者に対して、この4つが出来ていたかなとも考える。

①人を愛すること

②人を褒めること

③人に頼ること

④人に任せること

他者から自分だけではなく、自分から他者へ向けることがあって、バランスがいいと思う。人間関係の調和とは、このバランスの事を言うのかもしれませんね。

日比谷花壇‗お正月ギフト特集‗年賀‗フラワーギフト

波動を感じる

この世界、すべて波動で成り立っています。

波動とはエネルギーの波。

波同士が組み合わさり、形を成しています。

この波動も「類は友を呼ぶ」法則に従います。

荒々しく、歪みの強いものは、それを呼び、繊細で、バランスの良いものは、それを呼ぶ。

インドに行ったとき、マントラが波動を高めると聞きました。

ガヤトリマントラを初めて習い、それからずっと唱え続けています。

何度も唱え、血肉に染み渡るようになると、霊体の働きも活発化していきます。

唱えた人の中には、体調を崩される方もいます。

今までと違った働きに、意識がついて行ってない状態だったりします。

過去の自分を主体にするか、今から未来の自分を主体にするかで、意識的なものも変わってきます。

自然の中にいると癒される。

それは微細でバランスの良い波動があるから。

相互に支え合い、活かしあう意識の中あるものを自然と呼びます。

自分の内も同じこと。

幸せを感じて生きている人と、不幸を感じて生きている人では輝きが違う。

身体も同じ。

人間関係も同じ。

今の自分を変えるとは、自己の波動を変えることにも等しいと思います。

今まで付き合いのあった人達と離れ、新たな出会いに変わっていく。

それは、前記した「類は友を呼ぶ」法則そのもの。

言葉一つにも、波動はあります。

このように形に現れてしまいます。

心の中で思うこともまた同じ。

波動の高め方にはいろんな方法があります。

座禅、瞑想、好きなことをする、愛する、感謝する、祝詞、お経・・・

自分にあったものから始めるといいと思います。

ありがとう。

感謝します。

心からの言葉になるように。