自分探しではなく、自分創造しよう!!

あるとき、ふと立ち止まって、自分探しを始める人がいる。

それはそれで在りだと思う。

私自身、自分探しをした時期があったから、その気持ちはよくわかります。

しかし、いくら探しても、自分は見つかりませんでした。

自分を見つめることなく、自分らしさを見出そうとしても、自分自身は、どんな例を提示されても、決して認めようとしなかったものです。

人によっては、それも、あれも、これも・・・といろんな自分を照らしてワクワクしたかもしれません。

しかし、そのもの自体は、その存在が生み出した結果であります。

その存在と比べてしまったり、いくら真似ても、見ていた存在になかなか為れない。

心の中の葛藤が増して、イライラしてしまい、結局投げ出してしまったりしました。

私には・・・無理。

落胆して、探すのをやめたとき、閃きました。

自分の好きなようにやってみよう。

そう思ったこと、感じたこと、考えたこと。

自分の中から生み出されてきた、あらゆることを行動に移してみたのです。

行動すると、それなりに結果が出る。

思い描いたものではなかったとき、また落胆したり。

上手くいったときは、高揚してドキドキしたものです。

そんな体験を繰り返していくうちに、ふと気づいたことがあります。

本当にやりたいことって何だろう。

自分として体験した結果、嬉しいことはなんだったか。

自分として体験した結果、苦しいことはなんだったか。

など

自分の経験を振り返ることをしました。

立ち止まって、じっくり考え、思いだし、喜びと言えるものを記憶の中から引っ張り出してみました。

紙に書き起こして、その喜びを再び噛みしめてみました。

同じように、苦しかったこと、辛かったことも散々書き出して、噛みしめてみました。

これがあったら、この結果になった・・・。

そこには、二元性の妙ともいうべき「人生落ありゃ、苦もあるさ」がありました。

自分の求めていた自分らしさは、ある意味、今までにも沢山あった事実に気づいたものです。

ならば、探さずしても、ここにあるじゃないか。

私は、心からそう思えたのです。

それからは、自分を探すのではなく、想像したことを創造する意識が芽生えました。

前にも書いた、自分の中から出てきたことを実行して、体験し、結果を受けて修正したり、反省したりしながら、次の行動へと結びつけていくよう意志を持ったのです。

未知なることにチャレンジしてみる勇気を見つけました。

無知なる自分を見つけて、学ぶことを知りました。

闘う自分を見つけて、和したい自分を見つけました。

好きな事を好きだと言える自信が生まれました。

自分という存在がある喜びを噛みしめられました。

自分自身を愛することが出来ました。

心の中に余裕が出来ました。

教える喜びを見つけました。

・・・・

沢山の自分が世界に在ると思えるようになりました。

そして、感謝が心の底から湧き出てきました。

 

探さなくても、自分はここに居て、何でも創造できるんだ!!

そう思えたのです。