全ては循環している

自然のことについて考えてみた。

自然は、全て循環していて、留まっているものは何もない。

留まって見えているものがあったとしても、必ず、動いている。

自分はどうなんだろうか・・・?

ここに居るけど、ここに居ないこともある。

自分は自然に生きているのだろうか?

 

 

 

循環していることが自然

お釈迦様が言った「世の中は、無常である」と。

無常とは、留まっているものは何もなく、絶え間なく動き続けていること。

宇宙全てが素粒子や量子の集まりだから、動いていて当たり前なんだ。

自分の身体、心にしても、常に動いている。

血液も循環しているから生きていられる。

極論を言えば、人間の身体の99.9%以上が・・・空洞?

有って無い状態なのに、カタチとして維持されているのは、意志と意識の循環が張り巡らされているから。

存在する全てが固有としてあるのは意志の力

自分が自分としてここに在るのは、ここに在るという意志を持っているからだ。

そして、自分がここに在るということを、自分以外の全てが認識してくれているからだ。

意志は変わらない

自分と自分以外の中で、意識が循環していて、互いの存在を支え合っている。

意志に従って、身体の存在を維持している。

維持しようという意志が働いて、同じ姿を続けられている。

生きるということは、そもそもの意志であり、存在することは、自分以外の存在に完全に認められ意識されている状態なのだ。

意識することで、変化していく

どう在るかは、意志の力で、どのように在るかは、意識の力。

人間関係は、お互いの意志と意識が混沌としている状態だ。

自らの意志で学校や務める会社、仕事の内容などを決めている。

その中で、どのように在りたいかは、意識する内容によって変化していくものだ。

他人に決められた内容に従って生きるのも、自分の意志で選択したことになる。

人は成長するごとに意識を変化させていくものだ。

意志があるから、さまざまな意識が生まれ、それが循環していく。

その姿が人間にとって、極めて自然なことなんだな。

 

 

お金の話。

お金自体、対価を目的としたものです。

日々、莫大なお金が循環しています。

自分の所に巡ってきても、すぐ何処かへと旅立ってしまうものです。

お金の使い方を意識して行くことで、何倍にもなるし、0にもなる。

格差社会が加速していく現実は、お金の捉え方がカギなのだろうか。

仕事とお金

ビジネスにはいろんな落とし穴があるし、隙間で稼ぐ方法もある。

自分の得意分野を知れば知るほど、無駄な動きにも気づけるし、循環していくように思う。

それだけ自分のことを知らない人たちが多いと思うし、それを教えてくれる人も少ないのかな。

人と人の循環の間を担っているお金の問題は、実は人間自身の内面の問題だったりするのかもね。

モノの話。

日々、膨大な量のモノが作られては、廃棄されている時代。

リサイクルは最早当たり前のことになりました。

それでも、無駄なモノとして捨てられる量は、考えるより多いのです。

食料に至っては、先進国の廃棄する食料で、世界の飢餓が無くなるとも言われています。

何のためのゴミなのか。

そのゴミを自然は、ゆっくりと何百、何千、何万年かけて循環させているのに気付いているだろうか。

今の石油だって、数万年前の人が創り上げたゴミだという説もある。

自然は何度も人にチャンスを与えてきたのに、人は何回も学び直しているのだろうね。

人間は、自然なる循環のために、何を手放していけるのか。

そもそも、人は幸せで在りたいだけなのに。

本当の幸せに気づいていない。

自然の中の循環には、存在していること自体が幸せなのにね。

それ以上、何かを求めているのか?

人と自然の循環が上手く行けば行くほど、地球の負担は抑えられるのにな。

 

SMCのメニューはこちらから

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!