病気はやめるもの

病気はやめるもの

量子の世界では、「それ」を意識したとき、「それ」であることが出来るという。

人を形づくる細胞があって、その細胞を構成する分子があって、原子があって、元素があって・・・。

ミクロの世界では、極めて小さな何かが、何かの思いに従って、形を作っている。

 

私は、2歳のころから中耳炎を患い、今では、両耳の鼓膜がない。

通常、鼓膜の振動が脳へと信号を送り、音として認識され、それがそれであるとしている。

ところが、鼓膜のない私は、普通に聞こえる。

中耳炎も48年患い続けているが、生きていくのに支障はない。

今では、病気である認識ではなくなっているのです。

鼓膜はなくとも、音は聞こえる。

言ってしまえば、鼓膜というセンサーを放棄して、別の機能で代用しているだけ?

 

病気自体、「それ」を「それ」としているだけだとしたら、やめることが出来るんじゃないか?

 

スポンサーリンク Advertisement

 

医師は病気を治せない?!

ある医師は「医師は人の病気を99%、治すことが出来ない」と言いきった。

病気は自分で作り、そう思い込んでいるのだから、自分以外、治すことは出来ない。

医師は治すのではなく、手伝っているだけだと。

 

いろんな薬が出回っていて、日々研究がなされているが、その薬自体、「それ」を「それ」でなくするためのものだという見方もできる。

つまり、「ごまかし?」「まやかし?」

 

義父の話にこんなことがあった。

義父がまだ小さかったころ、よく腹痛になったそうだ。

そのたび、祖母から小さな紙を渡され、丸めて飲み込むと腹痛は止まった。

ただの紙だ。

それには、「まじない」が為されていたようだが、それでも腹痛がただの紙で治るのが不思議だったと。

 

こんな話もある。

頭痛に悩む女性に、「これは頭痛の特効薬だから」と何かの粉を飲ませた。

長年の頭痛に悩んでいた女性は、それを心から信じた。

すると、頭痛は治り、女性は「どんな薬だったのでしょう?」と聞いた。

「あぁ、あれはただの小麦粉だよ。」

 

全ては心因性?

ある意味そうだと言い切れる。

ただ、心の範囲を自分自身がどこまで感知出来ているかによると思う。

心には陰陽があって、みたいものと、みたくないものとある。

みたとしても、認められるもの、認めたくないものとある。

認めたとして、それが自分のせいだと出来るもの、出来ないものとある。

自分のせいだとして、それを抱きかかえるもの、捨て去ろうとするものとある。

抱きかかえたとして、解決しようとするもの、仕方ない・・・と維持するものとある。

問題は、「ないもの」としてしまうことだ。

実際は「あるもの」なのに、「ないもの」としてしまえば、全て無意識のゴミ箱に入る。

ゴミ箱は、運氣も氣力も奪う自滅作戦の中核。

どれだけの「あるもの」がゴミ箱に入っているか想像してみたらいい。

結構な数の「あるもの」が「ないもの」として入っていないかな?

 

特殊コード

いろんなジャンルでいろんな音楽がある。

関ジャニ∞の出ている番組「関ジャム」という番組が好きでよく見ているが、音楽をいろんな見解でアプローチしてくれるから実に面白い。

楽曲に印象を残すための手法として、あえて特殊なコードを入れると、気を引いて印象に残るという。

スムーズは何事も気持ちいいものだが、スムーズの中にほんの僅かな不協和音を取り入れることで、違和感が生じて、その違和感が心のどこかに引っかかって、何とも言えない気持ち悪さを生むのだが、それが狙いの楽曲づくりがあると。

このことが、病気と全く同じ原理なのではないかなと思ったのだ。

スムーズ=健康

特殊コード=健康でなくする原因

違和感=気づかせ

で、どうする? と言う話。

楽曲ならば、それでいいのだろうが、身体となるとそうはいかないです。

自分が生み出した「特殊コード」を見つけて、スムーズにして行こうとすれば、健康になるわけだ。

この特殊コードは、いろんなところから出てくる。

主に「記憶」だ。

記憶の中には、「いい思い出」と「嫌な思い出」がある。

「嫌な思い出」は、心で特殊コード化されて、時々、意識の中に出てくるとしたら・・・。

間違いなく、実生活の中に「違和感」として存在しているはずだ。

「それ」を「それ」と気づかないまま放置していて、「スムーズじゃない!!」と心の中で叫んでいるとしたら?

このことが「病気」の大きな原因なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク Advertisement

 

病気は自分で治せないという幻想

病気は自分で治せないと決めてしまっているのは誰か?

自分ですよね。

病気になると気が滅入り、弱気になって、さらに病気を悪化させてしまう。

逆に、病気であっても、笑顔で活き活きとしていたら、いつの間にか病気が治っていたり。

そもそも、病気であることに気づいてなかったり。

つまり、「病気」をどう扱うかで、「死」に向かうか「生」に向かうかが決まるわけです。

 

人には「自然治癒力」が備わっています

自然になぞらえば、治癒していくよ~って法則みたいなものです。

それには、自分の中の不自然を見つけることが大事なのです。

それを見つけるのに大切なものは「感情」です。

自分の本当の感情に耳を傾けること。

感情は自我の作り上げたフィルターによって歪められてしまうこともあります。

本当は「怒り」で一杯なのに、怒りを出すのはいけないことというフィルターによって、「我慢しなきゃ」という壁を作り上げ、「怒り」を心の中に閉じ込めてしまえば、心の中は怒りの炎で燃えつくされ、やがて病気となっていくのです。

本当は「悲しみ」で一杯なのに、悲しい思いは嫌いだというフィルターによって、「泣かない」という壁を作り上げ、「悲しみ」を心の中に閉じ込めてしまえば、心の中は悲しみに溢れ、涙で水浸し、やがて病気になっていくのです。

参考記事

 

病気をやめるという覚悟

いつまでも病気でいたいなら話は別ですが(理由があってそういう人もいます)、病気自体が幻想であるならば、幻想をやめようと決心さえすれば、回復または治癒の方向性が生まれるのです。

回復、治癒に必要な「モノ、人、場所、エネルギー」は、自分の周りにあるし、いる。

自分が決心することで、世界は自分を助けようと働き始めます。

決心したのち、目に入ってくるものごと、耳に聞こえてくるもの、直感で閃いたことなどに意識を向けましょう。

世界は自分自身を丸ごと映し出してくれる「鏡」ですから。

無料メール相談

CTA-IMAGE もし、誰にも言えずにお悩みならば、思い切って、一歩踏み出してみませんか?

たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。

誰かに聞いてもらいたい・・・それだけでもOKです。

少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

ヒーリングカテゴリの最新記事