「何か」がないと幸せになれない?

「何か」がないと幸せになれない?

〇〇があれば幸せ!!っていう。

手に入れる前と、手に入れた後という現実があるだけに過ぎないのだが・・・。

ただ人の心理において、一度手に入れてしまうと、失うことを恐れる。

貧乏だった人が、お金持ちになって、貧乏になるのを恐れる。

テレビやスマホも同じこと。

便利についても同じだ。

 

そもそも、幸せって何でしょう?

幸せのバロメーターは、個々の意識によって変わってきますよね。

今、自分が満たされていなくて、満たされている状態を望むなら、まだ成しえていない満たされた状態が幸せになるのかな?

つまり、まだ起きてもいない、成ってもいないことを未来に投影して、〇〇を成したら幸せになれる!!という幻想を抱いているだけになるよね。

ダイエットして細くて綺麗な身体になることが幸せになれること?

お金をたくさん稼いで、優雅な暮らしを立てることが幸せになれること?

健康になって生き生きとしていることが幸せになれること?

ということは、今のあなたは幸せではないと感じているのかな?

 

提供された情報をもとに、そうなると幸せになれるというものがありますが、一度手にしてまうと、それを維持しないと幸せでなくなるという「恐れ」を抱いてしまうものです。

ダイエットにしても、健康管理にしても、お金にしても、得続けられることに固執してしまう。

また、それを失う「恐れ」も同時に併せ持ってしまいます。

この繰り返しの行為が「着ぐるみ」となって、自らの内なる声を遮り、外側に向けた鎧となり、がんじがらめになって身動きが取れなくなってしまう。

幸せになるために始めたことが、いつの間にか「不幸」を呼び寄せてしまっている現実があったりします。

 

スポンサーリンク Advertisement

 

幸せとは、「ただそう感じること」

その一瞬に感じていること。

ご飯を食べて満腹で幸せを感じる。

精一杯働いて、喜んでもらえて幸せを感じる。

元気な子供たちの姿を見て幸せを感じる。

外の空気を胸いっぱいに吸い込んだときに幸せを感じる。

 

生きている一瞬の中に、生活の一瞬の中に幸せを感じられているか。

その小さな幸せの積み重ねが、幸せである実感となっていくのではないでしょうか?

実は、「幸せ」は全て与えられているのではないでしょうか?

それがないと幸せになれない・・・という思い込みを捨ててみたら、幸せだらけかもしれないよ。

 

悪魔さんはこう言います

『人は丸裸で生まれてきたとき、既に幸せであったのだ』

純粋で無垢で無邪気であること、そのものが幸せの象徴なのです。

成長するにつれ、様々な影響を受けて、いろんな垢がついてくるもの。

こうなると、ああなると、幸せに違いない・・・という幻想。

競争して勝つことが正しくて、負けることは許されない・・・という幻想。

優雅に暮らすことが成功で、貧乏は負け組・・・という幻想。

 

まとめ

何かを得ないと幸せになれないは、何かを失う恐れを併せ持つということ。

それが無くなったところで、得る前の状態に戻るだけだし、そのときも幸せだったということ。

世の中の策略や善の陰には、計算されたものがあり、固執を生み出す仕組みがある。

それを分かったうえで、自分の発展や変化のために取り入れるのは、むしろいいことだと思う。

己の芯をしっかり持って、情報に惑わされることなくあることが大事なのです。

 

元々は何もなかった。。。

しかし、全て備わっていた。。。

だから、輝いていた。。。