人生の岐路

どんな人も、大きく変化する時期が一生に3度はあると言います。

モヤモヤしていた心の燻りが表出し、人生を見直す時期がやってきます。

 

変化の兆し

これでいいのか?・・・と、未来に行き詰まりを感じ始める。

こんなんじゃない!!・・・と、自分の本当を知りたくなる。

そんなはずじゃ・・・と、急転直下に人生の歯車がかみ合わなくなる。

それでいいのか?・・・と、今まで自分の中で正しかったことに疑いを感じ始める。

内面の変化が自分の世界に映し出されると、観念の追い付かない人には、不安が湧いてくることでしょう。

今までにない出来事が繰り広げられ、過去の記憶に当てはまらない事に対して、人は不安を抱きます。

参考記事

 

岐路に立つこと

「今、わたしは岐路に立っている。」そう認識することで選択肢が見えてきます。

未知なる道を行く勇気があるのか。(創造)

知っている道を無難に歩くのか。(維持)

全部捨て去るのか。(破壊と再生)

目の前にある選択肢は、おおよそ、この3つだと思います。

ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの3柱が単一の神聖な存在から顕現する、それぞれ創造、維持、破壊という別の機能を有する3つの様相である」とするトリムールティの理論

可能性のある未来創造につなげていくのか、はたまた、過去の遺物にしがみつく今までのやり方を貫くのか。

今抱えているものを全部捨て去って、ぶっ壊して、更地にしてから始めるのか。

どの道を行っても、自分としてはある意味「正解」です。

元から決めていることがあるなら、きっと真っすぐその道を行くことでしょう。

変化を求めているなら、結果どうなろうと、変化できる道を選ぶでしょう。

無難で安全を求めているなら、今までを貫くでしょう。

 

スポンサーリンク Advertisement

 

無意識の中にある自分の本当の思い

岐路で選択しようとしている道に違和感があるならば、自分の本当の思いに耳を傾けることが大事です。

無意識に隠された本当の思いとは、「魂」の声です。

岐路には「魂」の思いが関わっているからです。

魂は常に新しい体験を求めています。

そして偉大なる目的をしっかりと握って、経験するために、この世の身体に宿ったのです。

魂の声は、自分の感情の奥に隠れています。

感情に耳を傾けて、本音にたどり着くように突き詰めることも大事なことです。

 

参考記事

 

今の出来事を未だ知らない自分が創造した結果と受け止められるかどうか。

進むか否かは、創造に対する意気込みが自分の中にあるかどうか。

偶然の一致(シンクロニシティ)が起きて、導かれるように進んでいるかどうか。

今までにない感情が湧いているかどうか。

これらのことが、バロメーターになるやもしれません。

 

覚悟と信頼

岐路に立ち、自分を見つめ直し、決めたことを覚悟し、その自分を信頼する。

自分の人生の主人公は「私」なのです。

ですから、全て自分次第。

人生における選択は、いつでもできますから。

 

「今の自分は、大きな力に導かれている。」そう感じた時、覚悟はしやすいでしょう。

覚悟した自分を信頼すると、流れに身を託すことも容易いでしょう。

正解の道はないが、選んだ道を正解にしていくことはできるのです。

 

読んで分かる「覚悟」の在り方

 

おススメですよ!!

無料メール相談

CTA-IMAGE もし、誰にも言えずにお悩みならば、思い切って、一歩踏み出してみませんか?

たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。

誰かに聞いてもらいたい・・・それだけでもOKです。

少しでも心を軽くしまょう。
お気軽にどうぞ。

メソッドカテゴリの最新記事