誰かのために何かをする

自分が誰かにして欲しいことを『誰かにする』

「誰かが自分にしてくれたらなぁ。」そう思うことってないですか?

その「して欲しいこと」を誰かにする

無私の気持ちで、まるで自分自身にしているかのように。

し終わって、「ありがとう」が返ってきたとき、どう感じるだろう。

自分が愛されたいと思うならば、誰かを愛しなさい。

自分が認められたいと思うならば、誰かを認めなさい。

自分が稼ぎたいと思うならば、誰かを稼がせなさい。

自分を満たしたいと思うならば、誰かを満たしなさい。

 

その自分を知るために、他人を知りなさい。

そう神からアドバイスを受けたことがあった。

尊い存在たちは、口を揃えて同じことをいう。

 

広告

 

宇宙の法則/ブーメランの法則

自分が投げたものが還ってくるという法則。

「目には目を、歯には歯を」

相手の目を奪えば、自分の目を奪われる・・・という警告のようにもとれます。

逆に、相手に目を与えれば、自分の目となる・・・という啓示にもとれます。

ブーメランの法則の陰陽面を言葉にしたものなのかなとも思えます。

思い出してほしい

今の現実は、過去の自分が投げた結果として現れてきます。

今自分がして欲しい事をしてもらえないのは、誰かがして欲しいことをしてあげなかった結果とも言えます。

過去の自分が、誰かのために何かをしてあげていたかどうか。

これしてくれない・・・に対して、どういう応対をしてきただろうか。

または、きっとこうして欲しいんだろうな・・・と感じていた時、どんな応対をしてきただろうか。

 

今の自分が未来の自分に対して、何を投げているのか。

それがどうなってほしくて、投げようとしているのか。

このブーメランの法則は、どんな場合にでもあてはまります。

 

感謝を常に口にする人たちは、感謝されるようにできています。

文句ばかり言う人には、文句が還ってくるようにできています。

あなたの行い、口から出た言葉は、宇宙にずーーーっと残り、過去の自分が言った言葉が、今のあなたを覆っています。

どんなことが起こっても、どんな出来事に遭遇しても、「感謝」に変えられる人は、今も感謝に溢れたエネルギーに覆われているものです。

簡単なことでいい

ママがお洗濯で大変だな、ママは誰かに手伝ってほしいな。

洗濯を干すこと、畳むこと、しまうこと。

ママのお手伝いをしよう。

ママのためでもなく、褒められたいでもなく、 ただ、洗濯を一緒にする。

それだけ。

ママから、「ありがとう」と言われたとき、とっても嬉しいはず。

身近なことでいい

食べ終わったお皿を片付けるでもいい。

掃除するでもいい。

電車やバスで席を譲るでもいい。

何かを手伝うでもいい。

自分がして欲しいな・・・そう思ったことを他の誰かにする。

誰かに強要することもなく、自分に課すこともなく。

ただ無私の心で誰かにする。

 

広告

 

『まずは、自分から』

先に説明したブーメランの法則で、自分から先に行動に移すこと。

それを手にしたければ、まず誰かにそれを掴んでもらおう。

苦しく、辛い事は、試練と捉えて、常々「感謝」を口にしよう。

未来の自分に何を投げるかによって、今の現実は変わってきます。

 

それが当たり前の世の中は、

きっと『愛』に溢れた世の中だろうな。

 

心の奥では、誰かにすることは自分にすることと同じこと。

魂のレベルでは、自他の違いはないのです。

もし、誰にも言えずにお悩みならば、思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。
[su_button url=”https://smc7.net/free-consultation/” target=”blank” background=”#dc3a4b” size=”11″ center=”yes”]無料相談メールはこちらから[/su_button]
最新情報をチェックしよう!
広告