座敷童と夜な夜な見ている「アニメ」シリーズ。

ワンピースにドハマりして以来、NARUTO、フェアリーテイルなども見倒しました。

それぞれのアニメに、作者の思いが詰まっていて、その世界観を楽しんでいます。

幼少期に機動戦士ガンダムにハマって以来、あまり見ていなかったアニメの世界。

最近は、考えさせられるものも多いです。

 

スポンサーリンク

 

ソードアート・オンラインシリーズ

仮想世界にダイブして、自分そのものがキャラクターになれるという世界観。

吾輩、オンラインゲームは、一度も触ったことがないのですが、それでも楽しめる内容でした。

2025年に舞台がある設定です。

近未来としては、実にリアルになりそうな感覚を受けながら、物語は高校生を主人公に進んでいく。

ちなみに、我が家は、アマゾンプライムと契約していまして、見放題なんです。

座敷童は、テレビという概念が薄いので、登場人物を自分や吾輩に当てはめながら楽しんでいるようです。

それにしても感情移入が激しいので、現実とあまり境がないのかな・・・。

ソードアート・オンラインを見、ソードアート・オンラインⅡと見続けて、、、

Ⅱのラストシーンで、主人公の恋人が言うセリフが、ガツーンと心に響いた。


Amazonプライム・ビデオ

命は心を運び伝えるもの

この言葉には感動というか驚嘆してしまった。

今、自分に一番欲しい言葉だったのかもしれない。

命についての議論はなしにして、この一言で胸に詰まったいろんなことが救われた気がした。

世知辛い世の中に在りながら、純粋にこう思える無邪気さというか、素直さに感動したのです。

自分という存在が、何のために生き、何を為して死するのか。

そんな漠然とした気持ちを抱えて生きている人は少なくない、いや、かなり居るのではなかろうか。

心を運び伝える。

その心が荒んで病んでいては、折角の命を大切にも出来ない。

前向きに生きようが、後ろ向きに生きようが、人それぞれだとは思うが・・・。

 

ソードアート・オンラインⅡの最後には、ゲームの中でしか生きられなかった少女が、ゲームの枠を超えて大勢の人の役に立っていたという場面が描かれている。

自分の意志に関係なく、輸血感染で動けなくなった少女。

病は氣から・・・ではなく、全くの理不尽な状況下に置かれた少女の気持ち。

心を運ぶ命がある限り、誰かの役には立っている。

ただ自分が自由に歩き、表現できる場がゲームの中だったというだけだ。

なるほど・・・そういう描き方もあるんだな・・・と感心しました。

 

スポンサーリンク

 

人間50年生きるといろんな経験があるもの

吾輩も50を過ぎた。

30歳で志したスピリットの世界も20年以上になる。

いろんな経験をして、いろんな人と出会い別れてきた。

母親の癌をきっかけに、神頼みのあらゆる方法を垣間見てきた。

どんな人間であれ、完璧な人はいない?

今の瞬間が完璧だとしたら、皆が完璧なのだ。

完璧とは、それ以上でもそれ以下でもないということ。

その完璧な自分が病に侵されたら、それも完璧が成すことなのです。

氣の問題が身体を病ませているだけなのです。

どれだけ懸命に自分らしく生きてきたか。

そんなことは自分が判断出来るわけもない。

いろんなことが分かり過ぎるという問題

適当に付き合って、適当に過ごすことが出来ない。

心の中に存在しているあらゆる人の情報が入ってくる。

みんなの命が心を運んで伝えてくる。

ただ傍観して眺めていればいいのだが、その気持ちが入ってくるとなると多少は揺れる。

魂との直接対話で大体は消化してしまうのだが、その魂が困っている場合もあるから難だ。

そのおおよそが「無意識」。

直接本人に言っても、心の壁が邪魔をして届かないことが多い。

なので、言ってくるまで待つしかないのだ。

更新後は、敏感になり過ぎて困惑状態になっている。

さてどうしたものか。。。

 

スポンサーリンク

 

運び伝える/運ばれ伝えられる

心というものは、双方向に同時に起こっている。

意識レベルや波動レベルの高いものから低いものへだけではなく、低いものから高いものへも、同時に起きている。

浄化・バランス調整・変換が必要なものには、それ相応のエネルギーを使う。

同時に、相手の中でも起きてしまう。

囚われが多い者ほど、葛藤の度合いが大きくなるだろうし、ストレスにもなるやもしれない。

出来るからと次々に起こしてしまえばいいのだろうか。

精神の歪みや心理的固執が強ければ強いほど、小さく収縮するエネルギーが強い。

強引は禁物とはいえ、感じてしまう辛さから逃れたいという心理はどうしても働く。

人と植物・動物・鉱物・自然との交流も同時に起きている

植物や動物は分かりやすい。

ネガティブなものに触れれば、枯れるし病む。

鳥や豚のインフルエンザや、流行病で大量死するのは、人との交流が産む結果だとしか思えない。

部屋で観葉植物がすぐに枯れる人もいるが、枯らしてしまう自分の心に注視して頂きたい。

鉱物、特にわかりやすいものがクリスタル。

透明でキレイな結晶だったのが、日に日にくすんで黒っぽくなったり。

大自然は、常に均衡を図る働きがあるので、災害級の自然の猛威も、人との交流から生まれた結果だと感じる。

人はどこに向かうべきなのだろうか。

魂の持つ4つの働きに準じていれば、自分だって健康で幸せになるだろうに。。。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

心の奥からモヤモヤ~っと湧き上がってくる感情。喜び、哀しみ、嬉しい、悔しい・・・。表面的なところではなく、心の奥からにじ…

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!