感情と想念~メソッド

感情や想念のことは、いくつか書いてきました。

自分に素直な感情は、そのまま思いとなって、自分らしい世界創造になるべく広がります。

ところが、想念というものは、言ってしまえば容赦ない。

素直であろうが、悪意があろうが、誤魔化しがあろうが、自分の世界創造に繋がってしまいます。

皆さんもご存知の「引き寄せの法則」に従って、自分の世界に引き込んでしまうのです。

 

 

理想の世界を創造したければ感情を知れ

誰しも、理想として描く未来像があると思います。

一寸の狂いもなく、その想念を出し続けることは非常に難しいものです。

もし、それが出来ていたら、あなたの世界は理想としていたものに、既になっているのです。

ところが、理想と現実という言葉があるように、なかなかうまく行かないと思っていませんか?

それは、思い描いた理想に対して、自分の無意識がモノ申している場合が多くあるからです。

この無意識の領域も、自身の想念の中に組み込まれている事実を知れば、納得するはず。

無意識下に置かれた自分の感情は、いったいどうなっているのか。

自分の中の高次と低次

ハイヤーセルフ(最高の自分)という言葉があります。

その対義語として、ローワーセルフ(最低の自分)という言葉もあります。

どっちも自分の中に存在するもの。

高い意識状態であるハイヤーセルフは、自分自身の本来のアイデンティティでもあります。

我々の生きている世の中は、有象無象が混沌としています。

高次も低次も、ぐちゃぐちゃに入り混じっていて、しかも低次の力は高次の力よりも強い。

まるで重力に縛られているかのような低次の意識は、人々を低次へと引きずり込みます。

高次の自分は、そこから脱して、より高い次元へと向き合いたいのに対し、顕在意識では低次の自分となってしまう。

それが当たり前化して、それが自分だと思っている人にとって、ハイヤーセルフの言うことは戯言か、気のせいになってしまう。

ハイヤーセルフのことすら知らないかもしれない。

そんな世の中においてでも、ハイヤーセルフはローワーセルフを愛してやまない。

ハイヤーセルフに、いち早く気づいて、耳を傾け、心を開き、それが本当の自分だと言えるのは、素晴らしい事だと思う。

想念は常に発信し続けている

良いも悪いも、想念は止むことなく発信し続けています。

その想念が引き寄せてくる現実に苦労している人たちも大勢、いや、ほとんどなのではないでしょうか。

そのこと自体が、地球での学びの一環で、混沌から抜け出していくために起きていることだとしたら。。。

想念の在り方を変えるしかないわけです。

他者がどうとか、世の中がどうとか、そういう問題ではなくなります。

自分を変えていくより他にないのです。

では、どのように変えていくのでしょうか。

 

 

想念を変えるには、感情を知ること

自分の中にHigh&Lowがあり、意識している領域と無意識の領域があります。

人の心には、防衛手段として「嘘」「ごまかし」「すり替え」「壁」などがあります。

本音とは程遠い在り方をしてしまう原因でもありますが、それが悪いと言っているわけではありません。

本音が言えない、出せない時の自分の感情がどうなっているのかを見つける

相手に本心を見抜かれたときにどんな感情が湧いているだろうか。

嘘やごまかしたとき、心の奥ではどんな感情が湧いているだろうか。

そのあと、どんな言い訳を自分にしているだろうか。

それらをしている自分を心の中では、どう感じているだろうか。

本当は、どうしたかったのだろうか。

そして、本当は○○したかった自分が居たなら、「次は、そうする」と決意して実行することです。

想念もそれに従います。

もちろん、それまで送り続けてきた想念が引き寄せた現実との向き合いも、小テストのようについてきます。

この小テストは、かつての自分が蒔いた種として、きっちり刈り取りましょう。

刈り取りが終わるころには、「○○している」現実があります。

感情と想念は連携して、自分創造に繋がっています。

本当は、どうしたい?

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!