全てご縁の為せること~メソッド

出会いをはじめ、住む場所、訪れる場所、この世は何から何までご縁で繋がっている。

その人と、その場所で、巻き起こる様々な出来事には、全て意味があると思っています。

縁にも色々ありますが、人知を超えたなにがしかが意図的に結んだものと思えるのです。

 

 

縁結び

昨今、テレビ番組などで縁結びの神社やお寺が紹介されたりしています。

以前にも出会いのことを書きましたが、良縁・悪縁にするのは自分自身。

縁のことを深く理解したら、トラブルとなってしまった問題のおよそが解消されます。

神社やお寺で度々祈願されたなら、良い悪い、叶った叶わなかったの判断無く、お礼参りはして欲しいものです。

神様、仏様は、人生において無駄な縁は一切結ばないからです。

全てが必然と受け取って、真摯に向き合うことが、生きること、成長することに結びついてくるものです。

縁が終われば縁切り

忘れてはならないのは、縁切りの祈願のこと。

前世や先祖の因果関係のある人だけでなく、現世でも縁切りは必要な場合があります。

折角の縁を悪縁にしてしまって、やり直しがきかないものは、縁を切ることをおススメします。

なぜなら、引きずって腐れ縁になって、人生を台無しにしてしまうことだってあるからです。

縁を切らずにいれば、縁を結んだ互いの魂たちは、互いが何かに気づくまで、その縁を続けようとします。

それはそれで、ワークと言えばワークなのですが・・・。

金の切れ目は縁の切れ目・・・ということわざもあります。

魂同士が分かり合っても、自我の壁が厚く、乗り越えられないことが分かった時点で、縁切りする。

自分は理解したけれど、相手が理解していない場合でも、同じです。

泥沼になる前に、

『この縁を結んでいただいてありがとうございました。分かり合えないのは残念ですが、ここで魂のご縁を切らせていただきます。』

そうやって縁切りするのも、実は大事なことだと思っています。

縁切りとは、互いに何かを学ぶために結ばれた縁に対して「この学びをここで終えます」とすることです。

その縁での学びを得られたならば、縁切りをして、学びに区切りをつけましょう。

 

 

土地や家もご縁の為したこと

土地を購入し、家を建てました。

賃貸で借り、マンションに入居しました。

土地の管轄である氏神様に、住まうことを報告して、見守っていただくようお願いします。

なにがしかの理由でその土地を離れることになったときも、氏神様にご挨拶を忘れてはいけません。

旅行にしろ、出張にしろ、その土地、その場所、そこの人々とのご縁を全て理解できる由もありません。

しかし、全ては経験させていただける有り難いことだと、ご縁に感謝する心が大切だと言えます。

全てのご縁に感謝する

この世の全ては、ご縁で成り立っています。

良いも悪いも、全ては神のみぞ知る不思議な力で結ばれているものです。

お願いして結ばれたなら、感謝を心に持ちましょう。

お願いして切れたなら、感謝を心に持ちましょう。

自分の為した道を決して否定することなく、ただあるがまま見てみましょう。

そこには、未熟だった自分もいるだろうし、苦渋の決断をした自分もいるはず。

歓喜に溢れた瞬間も、辛苦に涙した瞬間も、自分の尊い体験として認めましょう。

そして、また新たな縁が結ばれる歓びを噛みしめましょう。

そうすれば、きっと心は満たされるはずです。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!