お見送り

一週間ほど前、父方の祖母が亡くなった。

享年101。

父方・母方両方の祖父母で健在だったのは、この祖母だけだった。

数年前にみてもらった占い師さんに、「41か42歳あたりで、身内事で変化がありますよ」

と言われていたことを思い出した。

父や母、伯父・叔母たちには大きな衝撃と変化を与えただろうし、もちろん、私にもそれは起きた。

祖母の他界の知らせを受ける朝、体が重く、意識も朦朧として、なかなか自分を保つことができなかった。

「なんで、こんな状態になっているんだろう?」と自分のことながら、訳が分からず困惑していた。

そんなところへ電話が入った。

涙ぐんだ声で父が「おふくろが亡くなった・・・」と。

あまりに突然で、驚いた。

父の動揺は少なからず伝わり、あまり長く話さず、通夜と葬儀の予定を聞き、電話を切った。

体の異変はこれもあったのか。。。

何が起きたのかと目を向けている家人に事の次第を伝えて、ぼぉ~っとしていたら、「お祖母ちゃんに意識を向けて、話してみろ。」と言われ、重い体を横にして、目を閉じ、祖母に意識を向けてみた。

姿は見えないけれど、近くにいる感じがした。

そう感じたら、数年前に帰省した際、膝を怪我して入院していた祖母をお見舞いに行った時のことが脳裏に映し出された。

「あんたは寄り添ってくれる子だった。」

「あんたたちには何もしてやれなくて、ごめんね。」

という言葉が浮かんできた。

一気に涙があふれた。

その言葉で、自分でも気づかないところにあった心の閊えが降りた気がした。

幼少の頃から父方の家族の集まりを見て感じていたこと、その中での祖母の存在、いろんなことが絡んで、自分でも気づかぬうちに心のどこかに閊えができていたらしい。

ひとしきり泣いて、祖母との別れを済ませた。

駆けつけてあげることは出来なかったけど、こうやって感じ、受け取ることができたことで

私なりのお見送りができたように思っている。

気づくと、体の重みはずいぶん楽になっていた。

今も、この日の事を思い出すと涙はあふれそうになるけれど、心の閊えはもうない。

ありがとう、おばあちゃん。

そして、長い人生、お疲れさまでした。

無料メール相談

CTA-IMAGE もし、誰にも言えずにお悩みならば、思い切って、一歩踏み出してみませんか?

たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。

誰かに聞いてもらいたい・・・それだけでもOKです。

少しでも心を軽くしまょう。
お気軽にどうぞ。

霊障の説明カテゴリの最新記事