CATEGORY

体験談

筆者本人が体験してきたことを綴っています。

  • 2019年1月4日

一人セイントおっさん?

新年早々に訪れたこと。 ピーちゃんに眩暈の異変が起きて、あれこれと探ってはみるが不可解。 ピーちゃん、なんとかアクセスに成功してメッセージを降ろしてきた。 「宇宙・・・この宇宙の遥か遠く・・・」から始 […]

  • 2018年12月21日

NARUTO~疾風伝が熱い

ロングランアニメの「NARUTO~疾風伝」を家の座敷童と見ています。 もちろん「ONE PIECE」も見ております。 ナルト疾風伝の中には、奥の深い心理的描写や、スピリットが熱くなる描写もあって、とて […]

  • 2018年12月10日

今がその時

植物は、なぜ四季を知っているのでしょう。 毎年同じ時期に咲く桜の花は、春の風物詩です。 梅雨の花、夏の花、秋の花、冬の花。 人は植物のその時を見て、情緒を感じたり、季節を感じたりしています。 &nbs […]

  • 2018年12月7日

親と子の愛の中にある歪み

親の機嫌を伺う子供の姿を見たことありますか? スーパーなどの公共施設に出かけると、一人は必ずいると思う。 私は、仕事柄、観察してしまうのです。 どんな親で、どんな生活をしていて、どんな価値観で、何が主 […]

  • 2018年12月5日

原因不明の「めまい」の正体

スピリチュアル道の駆け出しのころ、よく眩暈になっていた。 それは、突然起きるもので、右に左には勿論、上下にも、時には自分が居る場所さえ分からなくなることも。 しばらくジッとしていたら収まるのですが、自 […]

  • 2018年10月30日

ココロが臓器になったとしたら・・・?!

0歳児から今までの喜怒哀楽・・・ いやいや、胎児の時から今までの喜怒哀楽が詰まった「ココロ」という臓器があったら、どうなんだろう? きっと、その数%の能力しか働かせていないと言われる脳のように複雑で、 […]

  • 2018年10月9日
  • 2018年10月22日

親と子の価値観

私の父親は職人だった。 縫製業を営み、バブル時代に翻弄された職人だった。 父親の価値観に違和感を感じ始めたのは、小学校高学年くらいだったか。 気質も相まって、上からの命令口調が多かった気がする。 親父 […]

  • 2018年9月14日
  • 2018年10月22日

癌は聖者の病気?!

インドに渡って修行していた際に、聖者本人から聞いた話です。 当時、私の実母が末期の肺癌で治療法がないか必死に探しておりました。 突如としてインド行きのお誘いがあって、これは聖者に聞いてみようと思ったの […]

  • 2018年9月5日
  • 2018年10月22日

故人からの熱いメッセージ

半世紀も生きていると、お世話になった方々の中にお亡くなりになった方もいる。 そのすべては恩人なのだが、恩の中にも良し悪しがあったりする。 今も当時の出来事を思い出すと笑えるならいいのだが、笑えないこと […]

  • 2018年9月4日
  • 2019年1月10日

上半期の活動のことの一部

國常立神とは、かれこれ10年以上前から交信している。 霊界での変革に携わって、15年になる。 そのプロセスは後述する。 2018年4月28日。 東の霊界と西の霊界とのドッキングを前提にしていたことで、 […]