どんな人も心配はします。

自分に何が起きるのか・・・。人に迷惑かけていないか・・・。可愛い息子や娘の将来のこと・・・。

月末の支払いが・・・。大好きなあの人に嫌われていないか・・・。あれもこれも・・・。

心配事は沢山ありますよね。

スポンサーリンク

心配とは

 物事の先行きなどを気にして、心を悩ますこと。また、そのさま。気がかり。

「親に心配をかける」「将来を心配する」「心配な天気」

 気にかけてめんどうをみること。世話をすること。「近くに住む娘が食事の心配をしてくれる」

と、コトバンクには明記されています。

別な言い方をすれば、文字通り「心」を「配る」わけですから、エネルギーを浪費しているとも言えます。

心配が増えれば増えるほど、気苦労が絶えず、気=エネルギーを沢山使ってしまい、結果的に気疲れしてしまいます。

いろんな事が気になる人ほど、心配の種も多いと言えます。

心配をなくしたい・・・けど、心配していないと気がかりで仕方ない。

自分のことまで気が回らず、自分のことは後回しになってしまい、気づいたらいい年になっていた。

なんてこともよく耳にすることです。

なぜ人はそんなに心配するのでしょうか?

心配する人の心の中は、実は心配の数だけ不安が詰め込まれている。

○○になったらどうしよう。

○○があればいいのに。

そうです。

「~たら、~れば」が山ほど思考から生み出し続けられています。

この「~たら、~れば」は、想像上、または思考上にある現実化していないことに不安を感じているのです。

参考ブログ

関連記事

日々、想像を繰り返しながら生きています。その中で、精神的な病に発展しがちな想像は「恐怖」に対するもの。まだ起きてもいない出来事を想像しては、恐怖におののいてしまうのは、ある意味、癖と言えます。この思い癖を無くしていく[…]

宇宙の法則では、「引き寄せの法則」というものがあります

想像したこと、考えたことに宇宙は必ず応えるという法則があるのです。

繰り返し思い考え続けることで、より現実に引き寄せてしまうのです。

つまり、不安を考え、想像するだけで、不安が現実化してしまうのです。

口に出してしまえば、その引き寄せは力を増して、より具現化する速度が速まります。

逆に、○○になる!!という決意や、○○を買う!!という願望実現も同じ働きをしてくれます。

神社や仏閣で、何度も祈願するのは、この引き寄せの法則で現実化することを神様や仏様にお願いしているのです。

例えば、

お金がない・・・と常に口にしている人は、浪費家だったり。

愛されていない・・・と口にする人ほど、愛することをしていなかったり。

逆に、お金のことを全く心配していない人は、心配しなくていいほど大金持ちかといえば、そうでもありません。

愛されていないと思ってもいない人は、沢山の人に愛を送っていたり。

一見、矛盾しているかのようですが、宇宙の法則に則った結果としての現実を自身で創造しているだけなのです。

また、「神との対話」の中には、心配することをこう書いてあります。

神との繋がりとは、自分の存在そのものが神なる存在であると理解すること。

個=自分の意識は、全=神の意識の中に存在するということ。

神と繋がっていないと思い、考え、悩むことは、自ら神との繋がりを否定しているようなもの。

参考ブログ

関連記事

心の奥からモヤモヤ~っと湧き上がってくる感情。喜び、哀しみ、嬉しい、悔しい・・・。表面的なところではなく、心の奥からにじみ出てくるような感情は、魂が震えているから湧いてきます。魂はどんな働きをしているのか。。。[…]

スポンサーリンク

漢方医の爺さんの話

私は、ある漢方医にいつもお世話になっています。

最初に診察してもらったとき、手の脈を取りながら言った一言は今でも忘れません。

『今できないことを考えなければ、脈は落ち着くな』

私は、今出来ないことを考え、心配していることに気づいたのです。

今出来ることは、さっさと済ませられるけど、今出来ないことは、いくら考え、心配したところで何もできないわけです。

今出来ないことを考え、心配し、イライラした結果、不整脈になっていたという話。

それから、今出来ることなのか、出来ないことなのかという選択肢が自分の中に生まれました。

そして、全ては何かに決められていたかのようなタイミングがあることを悟りました。

その後、不整脈は見事に治まり、正常に戻ったわけです。

自分が今できないことは考えない

私自身の経験から、自分が今できないことは考えないようになりました。

例えば、知人のお友達の母親の相談を持ち掛けられても、私は直接会ってもいないし、知らないわけです。

そういう自分が直接かかわれない相談は、お断りするようにしています。

生き別れた娘と息子のことも、元気でいるようにとは願いますが、心配はしていません。

お金のことも、心配していません。

必要な時に必要なお金が必ず巡ってくると信じているからです。

仕事の事も、必要な時に必要な人が訪れると信じているから、心配していません。

心配をなくしたければ

◎自分の中から不安を減らしていくだけで、心配も減っていきます。

ただし、不安としっかり向き合って、自分としての答えをしっかり導き出す必要があります。

◎自分の中から、自分が今できない事を除外していくだけで、心配は減っていきます。

ただし、自分の都合でしたくない事は別です。

自分のするべきことか否かは、判別は難しいかもしれませんが、したくなくても、出来ることはするようにしましょう。

◎自分の中から、愛することを見つけていけば、誰からも愛されます。

ただし、愛には善悪がありません。善悪とか正邪とか二元性の枠を超えたところに愛はあります。

◎自分自身を信じて、周囲の存在を信じることです。

ただし、信じると期待を混同しないこと。

 

私の経験上、この4つのことを実践するだけで、心配は確実に減っていきます。

心配して配っていたエネルギーは、自分のために、誰かのために使えるエネルギーとなりますから、充実してくるのです。

充実してくると、人は生き生きとした表情に変わります。

最高のアンチエイジングでもあります。

 

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

もし、誰にも言えずにお悩みならば、
思い切って、一歩踏み出してみませんか?
たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。
誰かに聞いてもらいたい・・・
それだけでもOKです。
少しでも心を軽くしましょう。
お気軽にどうぞ。

無料相談メールはこちらから

最新情報をチェックしよう!