働き方を見直す

働き方を見直す

働き方は人それぞれです。

なりたい自分になる働き方は、「目的」を明確にすることからはじまります。

自分が成し遂げたいこと=目的

自身のスキルアップ、人脈の拡大、文化の継承、夢の実現など「目的」を意識して仕事をした方が、モチベーションが違います。

新しい発見と体験。

知らないことを知る。

出来なかったことが出来るようになる。

毎日なんとなく仕事しているより、毎日ワクワクしていたいと思わない?

 

 

スポンサーリンク Advertisement

 

働き方を考える

目的を持って意識して!!

目的が行動の芯になる

目的が明確化されると、その目的に到達しようとする意志が意識を生み出して、自分から世界に放出されます。

すると世界の方から、まるで用意されていたかのように、目的到達のために必要なすべてが与えられます。

例えば、

知識を得ること。

出会うべき人。

必要なモノ。

スタイルの提示。

などが、可能性として自分の前に用意されます。

それを素直に受け取り行動するだけ。

体験を通じた経験値は、スキルアップにもなり、自信につながっていきます。

目標は手に届く範囲で計画する

目的到達のためにクリアするべきポイント=目標

あまりに遠いところに目標を置いてしまって、手に届かず挫折するよりも、手に届く範囲で、少しずつ積み重ねていけるようにすると、一つ一つ達成していけます。

時間はかかりますが、確実に達成していける近道でもあります。

アイディアを生み出す

教わって得たことも、本からの知識や知恵、手にしたアイテムなどにオリジナリティ(自分の中にある思いや考え)をつけ加えていこう。

アイディアが生まれないときは、誰かの真似でもいいからはじめてみよう。

やっていくうちに、アイディアは湧いてくるものです。

 

自分を信じる!!

目の前にやってきた(自分で引き寄せた)物事を信じて、疑わずにこなしていくこと。

もしかしたら、今までの価値観とは違うことが起きるかもしれない。

考えたこと、思ったこととは違うかもしれない。

それは、自分自身の変化を促しているかもしれない。

選択肢は二つ。

「やる」「やらない」か。

過去の経験の中で、嫌なこととして心に刷り込んでしまっていると、同じようなことが起きたとき躊躇するものです。

それを放っておいても、乗り越えるべき試練であれば、何度も繰り返す羽目になります。

だから自分を信じて「やる」と決めて、試練と受け止めて対処しよう。

 

迷ったときは「直感」を信じる!!

どんな場面でも、迷うことは誰にでもあります。

そんな時は、直感的にこっちと思ったほうを選ぶように習慣づけてみましょう。

迷いから悩みに発展して、考えすぎ、結果的に行動が遅くなって、旬を逃し後悔する。

意外とこの行動をしている人は多いんです。

「こうなったら嫌だ・・・」「本当に正しいのか・・・」「あっちかもしれない」

思考の罠にはまってしまう。

自分が選んだ道が、結果はどうあれ、自分にとって最善だ!!

そう意識していると、迷いは一瞬でなくなります。

 

スポンサーリンク Advertisement

 

人の意見を聞く!!

社会においての自分の適性は、信頼できる方々が客観的に見ていてくれる。

行動を始める前に、意思決定をある程度してから、他者に相談してみるのもいいだろう。

自分の主観と、他者の意見をすり合わせて微調整する。

見えていなかった盲点を発見できるかもしれないよ。

自分を知ってくれている方々は、きっと適切なアドバイスをしてくれると思う。

でも、知っているがために、ひいき目になってしまうこともある。

そんな時は、自分を知らない第三者に相談してみるのもいいだろう。

 

たとえば、

自分を知らない第三者の例として、占い師がいる。

以前、私もよくお世話になっていましたが、占いは自分の出した答え合わせとして使うといいです。

新しい企画を打ち出すか迷っていたとき、占い師に相談してました。

どんな企画だかは知らせず、今の企画をどうすべきかとだけ尋ねる。

タロットや八卦、ルーンなどを用いて、見てくれます。

意外な回答もあったりして、それがヒントで企画自体を見直して成功したこともありますよ。

 

人の意見はいろんな見方ができる。

言いなりになるのではなく、意見として受け止めよう。

 

働くは人生を謳歌するチャンスの連続

人の行動の動機は大きく分けて2つしかないです。

「愛」「不安」か。

自分が生み出している原因をしっかり見つめてみると、「愛」か「不安」しかない。

どうせ働くなら、「愛」を持って誰かを幸せにしよう。

 

たとえば、

意地悪な上司や同僚がいても、きっと理由があるのです。

なんでそうするのかを見つめていくと、相手の中が不安だらけだったりします。

誰にも分かってもらえなくて、心の奥が叫んでいたりします。

そういう人たちは自分の鏡だし、自分を見つめると同じような自分がいたりします。

そんなとき、どう自分を慰める?

慰め方をみつけたら、目の前の人もきっと慰められる。

こういう経験が自分を大きく、深くするチャンスなのです。

 

仕事でミスをしたとしても、嘆くのではなく、ミスの原因に意識を向け、すぐさま解消に取り掛かろう。

自分の在り方しだいでは、みんなが助けてくれるものだ。

 

自信を持つことは、自分を愛することと同じ

嫌えば、嫌われる。

感謝すれば、感謝される。

愛せば、愛される。

愛し、感謝するほどに、謳歌できる道がはっきり見えてきます!!

無料メール相談

CTA-IMAGE もし、誰にも言えずにお悩みならば、思い切って、一歩踏み出してみませんか?

たった一言のアドバイスで人生が変わることもありますから。

誰かに聞いてもらいたい・・・それだけでもOKです。

少しでも心を軽くしまょう。
お気軽にどうぞ。

メソッドカテゴリの最新記事